国分寺市の魅力|フォレストガーデン恋ヶ窪駅前

国分寺市の魅力

子育てに恵まれた国分寺市。

「国分寺市放課後子どもプラン」や「子ども家庭支援センターぶんちっち」など、国分寺市は子育てサービスと施設が充実しています。また、国分寺市は、大学などの教育施設も多く、子ども達が学びやすい環境です。

国分寺市の魅力image

  • 国分寺市放課後子どもプランimage

    国分寺市放課後子どもプラン

    地域による安全で安心な子どもたちの居場所を提供するため、各小学校の保護者の方々を中心にした実施委員会により、全小学校で「放課後子どもプラン」を行なっています。校庭で遊んだり、学習アドバイザーから宿題などを教えてもらったり、地域の方々との交流もできます。

    実施日
    月曜日から金曜日まで(長期休業中は原則行なっていません)
    年間120日程度
    時間帯
    下校時から午後5時30分までの時間内(季節や状況により変更があります)

    ※事業の詳細内容については、各小学校で配布されるお知らせをご覧ください。

  • 子ども家庭支援センターぶんちっち

    子ども家庭支援センターぶんちっち

    18歳未満の子どもと保護者、プレママ・プレパパ、そして子育てに関わる人のための施設。様々な子育て相談はもちろん、子育て家族の触れあいも支援しています。

    開館時間
    火曜日から土曜日
    午前9時30分から午後5時(第2・4木曜日は午後1時まで)
    休館日
    日曜日・月曜日・祝日・年末年始

    ※詳しくは、国分寺市子ども家庭部子育て相談室にお問い合わせください。

子育て支援

充実した行政サポートにより、
安心して子育てができます。

病児・病後児童保育施設数

保育看護に対応した施設が多く、共働きのご家庭も安心して子育てができる環境が整っています。
※充実した行政サポートにより、安心して子育てができます。 ※上記は国分寺市を含め、隣接する国立市、立川市、府中市、小金井市、小平市との比較になります。

第1位

  • 児童手当

    0歳から15歳(中学校修了前まで)の児童を養育している方を対象に児童手当を支給。第1子の場合、0歳から3歳未満が月額1万5千円、3歳以上は月額1万円が支給されます。

  • 妊婦健康診査の受診費用負担

    一般的には全額自己負担となる妊婦健康診査の費用については健診14回分を市が負担。また、超音波検査の受診費用の一部も負担されます。

  • 乳幼児医療費助成制度・
    義務教育就学児医療費助成制度

    乳幼児の場合は保険診療でかかった健康保険が適用される医療費の自己負担分、小学1年生から中学3年生までは健康保険が適用される医療費の一部を市が負担します。

  • 私立幼稚園等園児保護者負担
    軽減補助金・
    幼稚園就園奨励費補助金

    私立幼稚園や認定ごとも園などに入園している満3歳児から5歳児の保護者を対象に、世帯の所得に応じて補助金が支給されます。

  • 両親学級の開催

    これから父親・母親になる方を対象に妊娠・育児についての教室を定期開催。妊娠・出産・育児について学ぶだけではなく、参加者相互の交流の場になっています。

  • 緊急一時保育・一時保育

    緊急一時保育は保護者が病気や出産等による入院などの際、保育所で一時的にお子さんを預かる制度。一時保育は保護者が短期間の就労をする場合をはじめ、育児の息抜きをする際などに利用できます。

出典:国分寺市HP
※詳しくは、国分寺市役所へお問い合わせください。

安心の環境

穏やかな住宅街が多く、
小さなお子さまがいるご家庭も安心です。

犯罪認知件数

穏やかな住宅街が広がる国分寺市は、国立市に次いで2番目に犯罪認知件数が少ないエリアです。
※出典/警視庁・市区町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数(平成29年)より ※上記は国分寺市を含め、隣接する国立市、立川市、府中市、小金井市、小平市との比較になります。

第2位

昭和記念公園

自然豊かな公園に恵まれ、
のびのびと子育てができる環境です。

都市公園面積

昭和記念公園は東京23区・市部内になる都市公園において2番目に面積が広く、都内屈指の面積を数する大規模公園です。
※出典/東京都公園協会および国営昭和記念公園のホームページより

第2位

教育環境

大学などの教育施設も多く、
子どもたちが学びやすい環境です。

大学進学率

国分寺市内の高校は隣接市に比べて大学進学率が高く、進学への意識が高い学校が多いエリアです。

※出典:東京都教育委員会・平成29年公立学校統計調査報告書より

第1位