サービス(樹、緑、森、エネルギー)

気候変動対策とREDD+(途上国での森林保全による温室効果ガスの削減)

昨今、気候変動問題の深刻化とともに途上国での森林保全を通じた温室効果ガスの削減策(REDD+)の必要性が叫ばれております。住友林業グループは、長年に亘り培ってきた持続可能な森林経営と国内外での環境植林・環境修復事業を通じて、人と木、人と森林の付き合い方について研鑽を続けてきており、このノウハウを生かした形でのREDD+事業に取り組んでいます。

REDD+支援サービスとは

森林保全活動を通じた温暖化対策であるREDD+。住友林業は、お客様の将来の温暖化規制強化に備えたリスクマネジメントやCSRの一環としてのREDD+活動を、トータルでご提案・実施支援致します。

提供するサービス

  1. オーダーメイド型REDD+のご提案/実施サポート
    • お客様のご要望に沿ったREDD+活動の実施戦略を提案:
    • 提案内容の実施に際しての各種サポート。
      - 現地パートナーの選定。
      - クレジットの創出・活用戦略の立案。
      - 活動実施プロモーション。
      - ブランディング・ツールとしての活用コンサルティング(環境イメージ向上目的等)。
  2. REDD+由来の炭素クレジットの販売
    • お客様ご要望に沿った国・活動内容で得られたREDD+由来炭素クレジットの選定とご紹介。
    • なお、選定に当たっては、住友林業グループが国内外の森林経営で培ったノウハウを生かし、環境・地域社会との共生に配慮したクレジットをご紹介致します。
  3. REDD+を活用した二国間クレジット実施プログラムのFS支援
    • 日本政府が制度設計中の二国間クレジット制度におけるREDD+活動のFS実施を支援致します。
焼畑や違法伐採で森林減少や劣化が進むベトナム北西部
焼畑や違法伐採で森林減少や劣化が進むベトナム北西部
森林依存を少なくする生計向上活動としての家畜支援
森林依存を少なくする生計向上活動としての家畜支援
地域住民と協働する森林管理の強化と植林
地域住民と協働する森林管理の強化と植林

参考

住友林業は、途上国の森林を保全し、気候変動対策・生物多様性保全・持続的な開発(貧困削減)などに貢献するという趣旨に賛同し、独立行政法人国際協力機構(JICA)と独立行政法人森林総合研究所が設立した「森から世界を変えるREDD+プラットフォーム 」に参加しています。
http://www.jica.go.jp/topics/news/2014/20141016_01.html

ベトナムでの気候変動対策(REDD+実証活動)をJICA、アスクル株式会社、一般社団法人ヤンマー資源循環資源機構と連携して取り組んでいます。
http://www.jica.go.jp/project/vietnam/004/outline/index.html
http://sfc.jp/information/news/2013/2013-08-09.html
http://sfc.jp/information/news/2013/2013-10-24.html

REDD+に関する専門的な情報は下記を参照ください。
http://www.ffpri.affrc.go.jp/redd-rdc/ja/

対象:環境活動志向する企業 目的:企業緑地の価値化

わたしたちは
“緑”を活用した環境緑化活動を、広く提案・支援し
「緑化」による、「企業緑地の価値化」を進めています。