トータルソリューション

住友林業のトータルソリューション

再生可能で人と地球にやさしい自然素材である「木」を活かし、「住生活」に関するあらゆるサービスを提供する住友林業グループ。創業320余年の当社グループが持つ森林・緑化・環境に関するノウハウを集約した複合型のトータルソリューションをご提供いたします。

複合提案型プロジェクトのご紹介

名木の利活用

名木の利活用

寺社仏閣にある歴史的名木や、企業のシンボルツリーなど樹勢回復やの後継樹育成を核に、周辺の庭園・公園の造成、木造建築物の修復・建築、所有山林の整備と生態系や歴史的価値に配慮した維持・管理、さらにはイベントやプレスリリースなどを実施し、観光・レクレーション資源としての価値を高めるサービスです。

名木の利活用の詳細はこちら
  • 名木の増殖・販売
  • 造園
  • 木造建築
  • 森林経営
  • シカによる食害の対策
  • 生物多様性

バイオマスの利活用

バイオマスの利活用

再生可能エネルギーのひとつ、木質バイオマス発電。私たちは、カーボンニュートラルで地球温暖化の抑制にも貢献するこの発電事業を積極的に推進し、エネルギー資源という緑の新たな価値を創出。間伐材や建築廃材などこれまで利用しきれていなかった木材の活用や、雇用創出による地域経済活性化を実現します。

バイオマスの利活用の詳細はこちら
  • バイオマス発電事業
  • 資源調査・調達
  • 森林経営
  • 環境共生

緑地の利活用

緑地の利活用

“環境の時代”を向かえ、“緑”の公益的価値が再注目されています。これまで“緑”は、目隠し・防風・防火など物理的機能が注目され利用されてきましたが、最近では生態系・生物多様性・地域コミュニケーション・地球環境など、新しいニーズにも対応した多様な機能が求められるようになってきました。私たちは、ともすればコスト要因と捉えがちな既存の企業緑地に対して、新しい視点から価値化と緑地保全を行う事で環境CSRに結びつける施策を提案します。

緑地の利活用の詳細はこちら
  • 緑地管理・再生
  • 生物多様性
  • 地元産植物の生産
  • エコモニタリング
  • 壁面・屋上緑化
  • 緑地の社会的評価

森林の利活用

森林の利活用

地方創生において、森林資源の利活用は重要な取組であり、特に中山間地における林業は、経済を発生させる手段の柱となっていることも多いです。その一方で、過疎化・高齢化により、山林への無関心化、林業事業の継承、現代に適合した山林活用の方法や販売方法の模索などが課題となっています。これらの課題を以下の手法により、お客様と一緒に検討し、解決していきます。

森林の利活用の詳細はこちら
  • 森林経営
  • GISの構築
  • バイオマス
  • 生物多様性
  • シカによる食害の対策

環境保全活動

環境保全活動

住友林業グループが国内外の森林経営で培ったノウハウを活かし、環境・地域社会との共生に配慮した植林・森林保全、発展途上国の荒廃地修復、国立公園などの生物多様性保全・植生回復などを提供し、企業価値向上を目的とした環境CSR経営の推進をトータルにサポートします。

環境保全活動の詳細はこちら
  • 環境共生
  • 森林経営
  • 生物多様性
  • 気候変動対策
  • エコモニタリング
  • 環境教育