家づくりQ&A はじめての家づくりに際し、よくある不安・疑問をご紹介します。ぜひご活用ください。

土地探しで気をつけることはありますか? 

土地探しだけ先行せず、住まいの検討も同時に進めておくことが大切です。

気に入った土地については、建築のプロにスピーディーに相談できるように、事前に候補になる建築会社を選んでおきましょう。

土地と建物、トータルで満足できる計画を立てることが重要です。

  • 希望の土地に出会うまでに意中の建築会社を選んでおく。
  • 自分はどんな家に住みたいのかイメージをする。
  • 土地、建物を含めた資金計画を立てておく。

もしも建物を考えずにあわてて土地の購入を決めたら… もしも建物についてじっくり検討していたら…

土地探しから家づくりまで、トータルでサポートするシステムがあります。

土地探しをはじめる

この質問を閉じる

家を建てるにはどんな費用がかかるの? 

建物工事費の他に、付帯工事費と諸経費がかかります。

住宅を建てるときには、トータル費用で検討することが重要です。

建設費用の内訳

表-建設費用の内訳

税金関係

  • 登記料
  • 不動産取得税ほか

各種保険料

  • 火災保険
  • 地震保険
  • 団体信用生命保険

住宅ローン諸費用

  • 申込み手数料
  • 保証料

その他

  • 引越し費用
  • 仮住まい費用

理想の家づくりを実現するため、資金計画やローンなどサポートしています。

資金計画

この質問を閉じる

家の建て方にはどんな種類があるの? 

住宅の建て方には様々な工法があり、いくつかに分類されます。

それぞれに特徴があるので、各工法の長所短所を理解し、最適なものを選びましょう。

プレハブ工法 部材を前もって規格生産し、現地で組み立てる工法。工場で工程の大半をつくり終えているため、工期が短い。

  • 軽量鉄骨系 薄く軽い鋼材を主な骨組みにした工法。 長所
    • 重量鉄骨に比べて軽い
    短所
    • 断熱・気密性能に注意が必要
    • 錆対策が必要
  • コンクリート系 コンクリート系パネルをボルト、鉄筋、溶接でジョイントする工法。 長所
    • 遮音性能が高い
    • 現場打ちのコンクリートと比べ品質が安定
    短所
    • 間取りの自由度が低い
    • 解体が困難
      費用がかかる
    • 重量に耐える地盤が必要
  • 木質系 床、壁、屋根の木質パネルによって構造をつくるパネル工法。 長所
    • 断熱・気密性に優れて
      いる
    • 耐震性が高い
    短所
    • パネルのサイズにより
      設計面で制限がある
    • 増改築しにくい
  • ユニット系 部屋単位まで工場で作ってくみ上げていく工法。 長所
    • 工期が短縮できる
    • 品質が安定
    短所
    • 間取りの自由度が低い
    • クレーンやトラックが
      入る道路幅が必要
  • 木造軸組工法 在来工法とも呼ばれる、日本の伝統的な工法。木材で土台・柱・梁などを組み、骨組みを構成した工法。 長所
    • 設計の自由度が高い
    • リフォームしやすい
    • 日本の気候・風土に合っている
    • 木は鉄に比べ軽いので、地震に強い
    短所
    • 職人の熟練度によって、仕上がりに差がでる
    • コストもやや高め
    • 白アリへの対策が必要
  • 重量鉄骨造 一般的に厚さ6㎜以上の重量鋼材を使い、柱と梁のみで構成された工法。 長所
    • 耐震性を確保しやすい
    • 窓を広く開放的にできる
    短所
    • 錆対策が必要
    • 室内に大きな柱形が出る
  • 2×4工法(枠組壁工法) 北米生まれの木造。2インチ×4インチの角材と合板で組んだパネルで箱をつくるように建物を作る工法。 長所
    • 断熱・気密性に優れている
    • 横揺れの地震に強い
    • 施工が簡単で工期が短い
    短所
    • 湿気に弱い
    • 将来リフォームがしづらい

住まい方や敷地条件に合わせ、3つの構法の中から住まいをつくることができます。

3つの構法の違いは?

この質問を閉じる

家を建てたあとには、どんな費用がかかってくるの? 

購入時は費用が安くおさえられても、30年住まうメンテナンス費用を考えると高くなる場合があります。

住宅には、建築するときにかかる「イニシャルコスト」住んでからかかる「ランニングコスト」があります。最近では、住宅の一生に必要な「ライフサイクルコスト」を意識した住宅が注目されています。

【30年間のイニシャル&ランニングコストイメージ】

初期費用を抑えた住宅

新築時には
出来るだけコストを抑えて家が出来たぞ。

住んでいると…
建てる時だけじゃなくて、住んでからも色々な費用がかかるんだな・・・

30年後には
思った以上に、家への出費が多かった!
子供にお金がかかる時期に家のメンテナンスが必要になって困ったときもあったなあ。

ランニングコストを抑えた住宅

新築時には
コストはかかったけれど、妥協せず大満足の家が出来た !

住んでいると…
新築した家は、光熱費まで安くて驚いた!
長期保証とメンテナンス制度で、アフターサービスも安心。

30年後には
トータルで見たらとても安くすんだ !
急な支出が少ないからライフプランも立てやすかったね。

部材ひとつひとつのライフサイクルコストまで考えた家づくりと充実のロングサポート
システムで安心です。

  • 24時間365日専門技術者が対応
  • 構造躯体と防水の30年保証システム
  • 60年定期点検システム
  • 独自の保証制度を設定

アフターサービス

この質問を閉じる