住友林業の家

環境性能に優れるゼロ・エネルギーの住まいへ

ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。
高い断熱性能、省エネ設備機器、そして自宅で発電する環境機器を組み合わせることで、
年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ以下となる住宅です。
環境や資源問題、低炭素社会への関心がますます高まる中、
「2020年までにZEHを標準的な新築住宅で、
2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」という国の政策目標が設定されています。

当社は2020年に向けてZEH普及目標を定め、
ZEH標準化へ向けた様々な取り組みを進めています。

当社ZEH普及目標・実績(Nearly ZEHを含む)

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
全国
(北海道・沖縄を除く)
目標 5% 35% 45% 60% 80%
実績 32% - - - -
北海道 目標 1% 3% 5% 10% 51%
実績 0% - - - -

ゼロ・エネルギーの住まいのキーワードは、
「断熱」「省エネ」「発電」です。

断 熱

住まいの省エネ性能を高めるために、ZEH基準を上回る断熱仕様の家へ。

省エネルギー基準のすべての地域区分において、ZEH基準を上回る断熱性能を実現。
天井や壁、床の断熱材を大幅に厚くすることで、住まいの省エネ性能を高めています。

国のZEH基準を上回る断熱性能を実現します。

ZEH基準値[W/㎡K](UA値/外皮平均熱貫流率)
省エネルギー基準の地域区分
旧省エネ基準の家とグリーンスマートの断熱材の厚さ比較

木は熱を伝えにくく、断熱性に優れています。

木の熱伝導率を「1」とすると、コンクリートは
約13倍、鉄は約440倍もあります。
木は熱を伝えにくい断熱性に優れた素材です。

素材としての熱伝導率比較 -木の熱伝導率を1とした場合-

住まいの中で、一番熱損失が大きいのは窓です。

夏は窓から入る熱を遮断し、
冬は室内の暖気が窓から
逃げないよう断熱することが大切です。

住まいの熱損失の割合

断熱性の高いガラスで、エネルギーロスを抑制します。

住まいで最も熱を通しやすいのが、実は窓です。
住友林業の家は、断熱性の高い「Low-E複層ガラス」を採用。
複層ガラスの間に、空気より熱を伝えにくい「アルゴンガス」または「クリプトンガス」が封入され、さらに特殊金属膜がガラスにコーティングされており、優れた断熱・遮熱性で、夏は窓から入る熱を遮断し、冬は室内の暖気が窓から逃げないようにします。

アルゴンガス入りLow-E複層ガラス断面図
クリプトンガス入りダブルLow-Eトリプルガラス断面図
熱貫流率の比較(単位:W/㎡K)

涼温房

涼温房設計と省エネ機器の組み合わせを進めています。

涼温房(りょうおんぼう)という設計の工夫に加え、HEMS(ホームエネルギー・マネジメントシステム)、
高効率給湯器、省エネ性能の高い冷暖房機器、LED照明などを組み合わせることで、住まいのエネルギー消費量を抑えます。

涼温房で、夏は涼しさを感じる心地よい暮らし。

夏の涼温房の考え方

夏は家の中を涼しく保つことで、
エアコンの消費電力を抑えます。

深い軒と断熱材、庭の樹木で夏の強い日差しをさえぎります。
さらに、住まいに風の通り道を生み出すことで、室内にこもった熱気を外へ逃がします。
また、庭に植栽した樹木は葉の温度が上がると、葉から水分を蒸発させて周囲に温度上昇を抑える効果を発揮。
夏の住環境そのものを涼しく保つことで、エアコンの利用効率を高め、エネルギーの消費量を抑制します。

涼温房で、冬は太陽のあたたかさを感じる暮らし。

冬の涼温房の考え方

冬は家の中をあたたかく保つことで、
エアコンの消費電力を抑えます。

太陽の位置が低くなる冬は、室内へたっぷり太陽の光が入るように南側に大きな窓を配置。
夏に日差しをさえぎる樹木は、広葉樹を植栽しておくことで冬には葉を落とし、
日差しをさえぎることがありません。
北側には常緑樹を植栽することで、防風の役割を果たします。高い断熱・気密性で取り込んだ太陽のあたたかさを逃がさず、エアコンの利用効率を高め、エネルギーの消費量を抑制します。

発 電

自宅で発電し、効率よくエネルギーを活用します。

毎日の生活に必要な電気を自宅でつくることができます。
さらに、家庭用燃料電池「エネファーム」や蓄電池を組み
合わせることも可能です。
HEMS(ホームエネルギー・マネジメントシステム)で
住まいのエネルギー消費量を上手に管理することで、
ゼロ・エネルギーの家(ZEH仕様)を実現します。

省エネ機器

住まいの性能と設計力に、省エネ機器を組み合わせて、
未来の暮らしを先取りします。

涼温房

自然の心地よさを、住まいの中へ。

夏は深い軒で日差しをさえぎり、
住まいに風の通り道をつくります。
冬は、太陽の光がたっぷり入るように設計。
冷暖房機器の使用効率を高め、エネルギー消費を抑えます。

太陽光発電

自宅の屋根で電気をつくります。

暮らしに必要な電気を自宅で発電。
屋根との一体化を重視したデザインで
外観と美しく調和させます。

LED照明

省エネルギーな電気で明るく。

消費電力の少ない高効率なLED照明で
住まいを明るく照らします。
従来の白熱灯に比べて長寿命で、交換の手間も省けます。

高効率エアコン

心地よく快適な省エネ生活を。

住まいの優れた断熱性能に、
最新の省エネ設備機器を組み合わせ、
快適な暮らしはそのままで消費電力を抑制します。

高断熱仕様

高断熱な住まいで一年中、快適に。

通常よりもさらに断熱性を高めることで、
夏も冬も快適に過ごせます。
熱を通しやすい窓は断熱・遮熱性に優れる
「Low−E複層ガラス」を採用しています。

木の家

木は、再生可能な自然素材です。

木は、植えて、育てることで再生可能な自然素材です。
木材はCO2を炭素として保持し続け、
「木の家をつくることは、
街に森をつくることになる」と言われています。

V2H

電気自動車も暮らしのエネルギーに。

電気自動車の蓄電池を家庭で使えるようにするのが、
V2H(Vehicle to Home/ビークル・トゥ・ホーム)システムです。
いざという時の予備電源にもなります。

HEMS

暮らしのエネルギーを見守ります。

HEMS(ホームエネルギー・マネジメントシステム)は、
家庭内の電気製品などによるエネルギー消費を管理できます。
エネルギーの「見える化」で省エネを応援します。

エネファーム

電気とお湯を同時につくります。

電気をつくりながら、
その時に発生する熱でお湯を沸かすのがエネファームです。
発電時の熱を無駄なく利用できるので
一次エネルギー利用効率が大幅にアップします。

高効率給湯器

空気の熱を利用して、効率的に給湯。

家庭でのエネルギー消費の約1/3を占めるのが、給湯です。
空気の熱エネルギーを利用して効率的にお湯が沸かすことで、
省エネルギーな暮らしに貢献します。

蓄電池

電気を上手にやりくりできます。

割安な深夜電力を利用して蓄電するなど、
太陽光発電と蓄電池を賢く活用することで、
暮らしに必要な電気を上手にやりくりできます。

全量買取仕様

太陽光発電でつくった電力を売電し、光熱費収支をプラスに。

太陽光発電(10kW以上搭載)の売電には、
発電した電気のうち使わずに余った分を売電する「余剰電力買取制度」と、
発電した電気は使わず100%売電する「全量買取制度」の2つがあります。
発電した電力の売電単価は、電力会社からの買電単価より高いため、
「全量買取制度」を選択すれば経済的なメリットがさらに大きくなります。

※「全量買取制度」は、再生可能エネルギーの普及を目的に、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスで発電した電力すべてを、20年間一定の価格で買い取る制度です。

「余剰電力買取」と「全量買取」の比較
ゼロ光熱費の仕組み

太陽光発電でつくった電力をすべて売電し、長い間お得な住まいに。

10kW以上の太陽光発電システムを搭載し、「全量買取制度」でつくった電力をすべて売電することで、
長期にわたってお得な暮らしが実現できます。

南玄関[2階建て]
太陽電池搭載容量 13.2kW
建築面積 73.70㎡(22.29坪)1階床面積 68.73㎡(20.79坪)2階床面積 60.45㎡(18.28坪)
延床面積 129.18㎡(39.07坪)
20年間の売電シミュレーション(上記プランの場合)

※年間推定発電量は、NEDO全国日射関連データマップの日射量データ(1981年から2009年までの平均)を用いて算出した、東京エリアでの発電量です。気象条件・立地条件・設置条件などの諸条件により、実際の発電量とは異なる場合があります。実使用時の出力(発電量)は、日射の強さ、設置条件(方位・角度・周辺環境)、地域の温度条件により異なります。※年間推定発電量の全てを、2016年度「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(太陽光10kW以上)」で売電したとして試算しています。※売電収入は雑所得として、確定申告が必要となる場合があります。

LCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)へ。

住友林業では、建てる前も、建てた後も、CO2排出量の軽減を目指します。

LCCMとは、住宅の建設から廃棄までの一生涯に排出するCO2を削減する技術と、
省エネ型生活行動、太陽光やバイオマスなどの再生可能エネルギー利用により、
将来的にはライフサイクルトータルのCO2収支をマイナスにしようとする考え方です。
住友林業では、国産材を積極的に活用し、建設から廃棄まで家そのものが排出するCO2量と、
毎日の生活の中で排出するCO2量を減らすことで、快適なLCCM住宅の実現を目指していきます。

LCCM住宅の概念図

木でつくる住まいは、
LCCM住宅に適しています。

住宅建築に使用される素材は、
製造過程においてもエネルギーを使います。
その時、CO2を排出することになり、木造のCO2排出量を1とした場合、鉄骨造は2.87倍、RC造は4.24倍にもなるという試算があります。
家を建てる前から建てた後のことまで視野に入れると、木造住宅は、LCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)住宅に適した住まいといえます。

住宅1棟(床面積136㎡)当たりの主要構成材料製造時のCO2排出量

もっと詳しく知りたい方へ

「グリーンスマート」をもっと知りたい方へ
カタログをお届けしています。
お気軽にカタログをご請求ください。

カタログを請求