ニュースリリース(2014年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2014年10月27日

世界フラワーガーデンショー2014
第5回ガーデニングワールドカップ
ショーガーデン部門
最優秀デザイン賞を受賞

  住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)のグループ会社である、住友林業緑化株式会社(社長:徳永 完平 本社:東京都中野区 住友林業(株)100%出資)は、「世界フラワーガーデンショー2014 第5回ガーデニングワールドカップ」ショーガーデン部門において、最優秀デザイン賞・銀賞を受賞し10月3日に表彰を受けましたのでお知らせ致します。

■ショーガーデン部門

最優秀デザイン賞・銀賞      東 巧(アズマ タクミ) (住友林業緑化(株) 技術部 設計グループ)

作品タイトル  :  「歓待(かんたい)の花苑(かえん)」
施工  :  住友林業緑化(株)


授賞式の様子


最優秀デザイン賞受賞作品「歓待の花苑」

■世界フラワーガーデンショー2014概要

・主催者  :  ガーデニングワールドカップ協議会
・共催者  :  長崎県、佐世保市、朝日新聞社、西日本新聞社、九州朝日放送、長崎文化放送、
大分朝日放送、熊本朝日放送、 鹿児島放送、広島ホームテレビ
・協賛  :  コカコーラウエストジャパン、EPOS CARD、AIR CANADA
・後援  :  農林水産省 観光庁 一般社団法人長崎県観光連盟 他
・展示場所  :  長崎ハウステンボス 長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1内
・展示期間  :  10月4日(土)~11月4日(火) 9:00~21:00

●第 5回ガーデニングワールドカップ

・出展数  :  8作品(ショーガーデン部門: 海外6、国内2)
・表彰式  :  10月3日(金)


受賞作品「歓待の花苑」内部

■最優秀デザイン賞・銀賞受賞作品「歓待の花苑」

  日本の「おもてなし」の源流のひとつである茶庭を現代のライフスタイルに合わせて再構築したのが、「歓待の花苑」です。
  彩り豊かな外露地と、日本の原風景を再現した内露地という二重の露地で構成された空間には、幾重にも重なるフレームゲートと、水平ラインを基調としたモダンな草庵を配置しました。歩みと共に変化する風景を楽しむことができるデザインとなっています。客人の心を動かし喜びを感じていただく、それがこの庭のテーマです。

■「世界フラワーガーデンショー」概要

  「世界フラワーガーデンショー」とは、世界的に有名なコンテスト等で入賞したトップガーデンデザイナーをはじめ、国際的に活躍するフラワーアーティストなどの作品が多数登場する、世界最大級の花と緑の祭典。今年で2010年の開催から5回目を迎える「ガーデニングワールドカップ」では、世界の第一線で活躍するトップザイナーが各国から集い、芸術性や技術性を競います。今年は新たに、世界各国の著名なフラワーアーティストが集結する花の世界大会「インターナショナルフラワーコンテスト」を同時開催。庭園と花の魅力を肌で感じることができるショーとなっています。

≪住友林業緑化㈱≫
住友林業緑化㈱は、戸建住宅の外構・造園に関わる緑化提案をはじめ、分譲地や都市での緑化の提案など緑豊かな空間づくりを進めています。住友林業グループでは、森林育成から住宅事業まで総合住生活関連企業として「住生活」に関するあらゆるサービスを通じて、サステナブルな循環型社会の構築に貢献するため、様々な角度から「木」の魅力、「緑」のすばらしさをお伝えしてまいります。

以上

《リリースに関するお問い合わせ先》
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 西嶋・飯塚
TEL:03-3214-2270

住友林業緑化株式会社
TEL:03-6832-2201

企業・IR・CSR情報