ニュースリリース(2014年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2014年10月31日

第13回 屋上・壁面・特殊緑化コンクール 屋上緑化部門において
日本経済新聞社賞を受賞

  住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)のグループ会社である、住友林業緑化株式会社(社長:徳永 完平 本社:東京都中野区 住友林業(株)100%出資/以下住友林業緑化)は、公益財団法人都市緑化機構が主催する第13回屋上・壁面・特殊緑化コンクール屋上緑化部門において、日本経済新聞社賞を関電不動産株式会社(社長:中森 朝明 本社:大阪市北区)・ダイビル株式会社(社長:山本 竹彦 本社:大阪市北区)・株式会社日建設計(社長:岡本 慶一 本社:東京都千代田区)・株式会社大林組(社長:白石 達 本社:東京都港区)と共同受賞し、10月22日に表彰を受けましたのでお知らせいたします。

  本コンクールは2002年より屋上等特殊緑化空間の緑化技術の一層の普及推進を図ることを通じ、都市環境の改善を進め、豊かな都市生活の実現に寄与することを目的とし開催しており、都市におけるヒートアイランド現象の緩和、省エネルギーの推進、生物多様性の確保、景観の向上等に有効な屋上等特殊空間の緑化について積極的に取り組み、優れた成果をあげている民間企業、公共団体、個人等を顕彰するものです。

  今回共同受賞した作品「中之島四季の丘 ・ダイビル本館(所在地:大阪市北区)」は、地下の駐車場や地域への熱供給施設を内包する人工地盤上(3,736 ㎡)に軽量盛土材を積載し「自然な丘陵状」を形成。河岸沿いの桜並木や緑との連続性と、船上や対岸からの眺めを意識し、春には満開の花を、秋には紅葉を楽しめる都市緑地空間を創出しています。都市的な立体構造物を視覚的に大地と融合させることで、堂島川というエリアにおける貴重な市民の憩い・賑わい空間との連続性を確保するための工夫がなされている点が高く評価され、今回の受賞となりました。

  なお、本コンクールにおける住友林業緑化の受賞は「住友商事神保町ビル」(第12回、日本経済新聞社賞:壁面・特殊緑化部門)、「ローム京都駅前ビル」(第11回、都市緑化機構理事長賞:屋上緑化部門)に引き続き3年連続となります。住友林業グループは今後も、都市での緑化提案を通じ、緑豊かな空間づくりに寄与してまいります。

■屋上・壁面・特殊緑化コンクール概要

主催  :  公益財団法人都市緑化機構
 
後援  :  国土交通省、環境省、東京都、日本経済新聞社
 
協賛  :  一般財団法人公共建築協会、一般財団法人日本建築学会、一般社団法人日本建設業連合会、公益社団法人日本造園学会、一般社団法人日本造園建設業協会、一般社団法人不動産協会、 公益財団法人都市計画協会、一般財団法人日本建築センター 等20団体
 
審査委員  :  ■委員長
近藤 三雄 元 東京農業大学 地域環境科学部 教授
 
■委員
井上 洋 一般社団法人 日本経済団体連合会 社会広報本部長
仙田 満 東京工業大学 名誉教授、環境デザイン研究所会長
野口 智子 ゆとり研究所 所長
藤森 照信 工学院大学 工学部 建築学科 教授
真部 保良 日経BP社 日経アーキテクチュア編集長
森本 幸裕 京都学園大学 バイオ環境学部 教授
山崎 誠子 (有)GAヤマザキ取締役、日本大学短期大学部 准教授
山田 宏之 大阪府立大学 生命環境科学部 教授
町田 誠 国土交通省 都市局 公園緑地・景観課緑地環境室長
真先 正人 環境省 水・大気環境局 総務課長
笹井俊克 一般財団法人 日本建築センター 専務理事
宮下和正 公益財団法人都市緑化機構 専務理事
(順不同、敬称省略)
 
参考URL  :  公益財団法人 都市緑化機構 ホームページ

以上

《リリースに関するお問い合わせ先》
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 森永・飯塚
TEL:03-3214-2270

《お客様からのお問い合わせ先》
住友林業緑化株式会社
TEL:03-6832-2201

企業・IR・CSR情報