ニュースリリース(2015年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2015年12月14日

第53回 技能五輪全国大会
建築大工職種部門にて 2名が銀賞を受賞!

  住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区大手町)のグループ会社である住友林業ホームエンジニアリング株式会社(社長:樋口 進 本社:東京都新宿区西新宿 住友林業㈱100%出資/以下 ホームエンジニアリング)は、千葉県・幕張メッセで開催された「第53回技能五輪全国大会」において、建築大工職種部門で2名が銀賞を受賞いたしましたので、お知らせします。今回の受賞により、15年連続入賞を果たすとともに、8度目の全員入賞となりました。

≪建築大工職部門≫

銀賞 足立 龍太(あだち りゅうた) (東北事業部 盛岡センター)
銀賞 秋房 献人(あきふさ けんと) (東京事業部 城南センター)

  技能五輪全国大会は、青年技能者の技能レベルの日本一を競う技能競技大会です。また、本大会は次代を担う青年技能者に努力目標を与えるとともに、大会開催地域の若年者に優れた技能に身近にふれる機会を提供するなど、技能の重要性、必要性を広くアピールし、技能尊重の機運の醸成を図ることを目的として開催されています。本年は、12月4日(金)から12月7日(月)の4日間に渡って千葉県・幕張メッセの会場で開催され、41職種、約1,200名の満23歳以下の技能者が都道府県を代表してその技能を競い合いました。ホームエンジニアリングの社員が出場した建築大工職種においては、最多の78名の選手がその技能を競い合いました。

  ホームエンジニアリングから出場した選手は、住友林業建築技術専門校(校長:渡邉俊明 千葉県四街道市/以下 専門校)で大工としての必要な訓練を修了した技能職社員の中から選抜され、今回の大会に臨みました。専門校は、高品質の「住友林業の家」を施工する技能者養成を目的として1988年に開設した企業内訓練校です。「心・技・体 バランスのとれた技能者の養成」を訓練理念とし、1年間で建築技能者として必要な基礎知識と技能をバランスよく訓練し習得するカリキュラムを特長としています。当社独自の新技術による木造住宅だけでなく、日本の伝統的な木造軸組工法まで幅広く対応できる、次世代を担う技能者の養成に努めています。専門校の訓練課程修了後は、ホームエンジニアリングの社員大工として「住友林業の家」の建築施工に携わり、高い技術に基づく安心・安全の家づくりを進めてまいります。

■参考資料■

<受賞選手のコメント>

銀賞:足立 龍太 社員(東北事業部)
  今年は東北への応援派遣中に、技能五輪全国大会に出場できたことを大変嬉しく思っています。
  今回の受賞は、多忙にも関わらず快く送り出して頂いた事業部の方々や訓練中に私を支えて下さった専門校の先生方の支えがあったからこそと感じています。
  今回の結果に満足せず、技術面・技能面ともに更なる向上を目指して努力していきたいと思います。



銀賞:秋房 献人 社員(東京事業部)
  去年に引き続き技能五輪に出場する機会を頂き、ありがとうございました。銀賞と聞いた時は嬉しさと悔しさが同時に込み上げて来ましたが、表彰台に上がってみて、こんなにも多くの人が参加する大会で銀賞を取れたことを嬉しく思いました。
  今回の大会では先生方の惜しみないご指導の下で出来る限りの練習をして本番でやり切ることが出来ました。応援して下さった方々に感謝します。

■住友林業ホームエンジニアリング株式会社 概要

1.設立 1985年4月1日
2.社長 樋口 進
3.資本金 75百万円(住友林業(株) 100%出資)
4.売上高 829億円(2015年3月期)
5.本社 東京都新宿区西新宿1-23-7
6.事業所 全国15事業部1事業所(2015年3月期)
7.従業員 947名(2015年3月期)
8.事業概要 住友林業の家の建築請負
9.HP http://www.sumirin-he.co.jp/index.html

■住友林業建築技術専門校 概要

1.開校 1988年4月1日
2.校長 渡邉 俊明
3.所在地 千葉県四街道市鹿渡1144
4.概要 千葉県知事認定の職業訓練校で、住友林業(株)と住友林業ホームテック(株)が運営。
同校の訓練理念である「心・技・体バランスのとれた技能者をめざして、木造軸組工法の次世代承継のために、新しい技術理論に加え、伝統的な技術も含め次世代を担う建築技能者を養成する。
5.HP http://sfc.jp/kgs/index.html

以上

《お問い合わせ先》
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 佐藤・森永
TEL:03-3214-2270

企業・IR・CSR情報