ニュースリリース(2016年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2016年07月13日

第10回キッズデザイン賞受賞
~高遮音床「遮音60仕様」など3作品~

  住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田大手町)は、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会(後援 経済産業省、消費者庁)が主催する「第10回キッズデザイン賞」において、高遮音床「遮音60仕様」など住友林業グループとして3作品が受賞しましたのでお知らせいたします。

  今回、応募総数は過去最高の503点にのぼり、その中から297点が選出されました。当社にとって今回の受賞は、2009年以降8年連続の受賞となり、今後も子どもの健やかな成長につながる安心・安全な住まいづくりをはじめ、木の魅力を活かし、家族の暮らしに合わせた快適な住まいを提案していくとともに、再生可能な資源である木を積極的に活用し、循環型社会の構築に貢献してまいります。

<キッズデザイン賞>

  キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスの中から優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的としています。子どもが使う製品はもちろん、大人・一般向けに開発されたものでも、子どもや子育てへの配慮があれば応募可能であり、日用品から住宅、街づくり、ワークショップ、調査研究まで幅広い分野が対象となっています。受賞作品には「キッズデザインマーク」の使用が認められます。

<受賞内容>

■高遮音床「遮音60仕様」住友林業(株)

<子どもたちを産み育てやすいデザイン部門>

  親(妊婦含む)や育児に関わる人が利用する製品、建築・空間、サービスにおいて、安全かつ楽しく育児に取り組める工夫がなされたものが選出されます。

■特長

  「遮音60仕様」は木造戸建住宅用の高遮音床です。床に「ハイブリッド遮音パネル+浮床フェルト」、下階天井に「100mm厚グラスウール+遮音マット」を設置し、さらに上階の床と下階の天井を絶縁する「独立天井」とすることで、下階への音の伝達を大きく低減しました。足音や落下音などの衝撃音に効果を発揮します。また、一般的には遮音性を高めると床は硬くなりますが、「浮床フェルト」の衝撃吸収効果により転倒時の安全性にも配慮しています。二世帯住宅では「生活時間のズレ」や「下階への音の伝わり」への配慮が特に必要になるため、当社では本仕様を標準採用しています。遮音性の高い木造戸建住宅で、子どもから高齢者まで家族一人ひとりの安心・快適な暮らしを実現します。

  

■木の間接照明による睡眠の室改善効果と疲労軽減効果 住友林業(株)

<子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン部門>

  子どもへの安全に配慮された製品、建築・空間、サービスが選出されます。

■特長

  本デザインは、木の光学的特徴(青色波長成分を多く吸収する)を活かすことのできる一手法として、木を間接照明の反射板として利用する方法に着目したものです。木の内装と間接照明の組み合わせによって、就寝前に適した副交感神経の優位な状態にスムーズに移行させる寝室環境をつくることにより、睡眠の質を改善し疲労を軽減する機能性を有することが認められています。厚生労働省がまとめた「健康づくりのための睡眠指針2014」では、子どもの健康のためには規則正しい睡眠習慣を身につけることが重要であり、一定しない睡眠・覚醒リズムは学業成績の低さと関係していると示されています。適切な睡眠量の確保・睡眠の質の改善は、心と身体の健康につながると考え、今後は住宅だけでなく、保育園・幼稚園や介護施設などへの適用を計画しています。

■住宅・内装建材「ただいま収納シリーズ」 住友林業クレスト(株)

<子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門>

  子どもの感性・創造性の育成、多様な知識の習得や運動能力の向上に資する製品、建築・空間、サービスにおいて、新たな発想、工夫、手法があるものが選出されます。

■特長

  「ただいま収納シリーズ」は、子どもが自発的に整理整頓に取り組めるように、そのルール作りや続けやすい環境作りをサポートする収納提案シリーズです。整理整頓のルールを子どもが自然に身につけ守り続けられるよう、「具体的な収納場所を決めること」と「使いやすさへの配慮」を重視しています。
  昨年の第9回キッズデザイン賞では、リビングダイニングを中心として、小学生までの子どもが整理整頓を習慣づけやすい環境とするよう設計した収納アイテムが受賞となりました。今回の商品のうち、「ただいま手洗い」は前回と同様の考えを基に、玄関のすぐ近くのスペースに手洗いを設置することで、帰宅時の手洗いうがいの習慣づけを応援します。
  「ただいまウォール収納」及び「ただいまデスク収納」はさらに、中学生になった子どもがリビングダイニングで身につけた良い習慣を自分の部屋の環境を整えることで継続できるように提案しています。効率よく機能的に整理整頓し、散らかりやすい子ども部屋を学習に集中できる空間へと整えるお手伝いをするものです。


住宅・内装建材「ただいま収納シリーズ」

以上

《お問い合わせ先》
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 橋本・佐藤
03-3214-2270

企業・IR・CSR情報