ニュースリリース(2017年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2017年06月28日

東松島市立宮野森小学校
平成29年度 東松島市優良工事に選定

 住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)は、2016年12月に完工した(債)平成27年度野蒜小学校災害復旧工事(建築工事)に対して東松島市より優良工事表彰を受けました。

 東松島市で平成28年度に完工した工事の中で、表彰を受けたのは25件(19社)です。



■(債)平成27年度野蒜小学校災害復旧工事について

 東日本大震災で津波被害を受けた東松島市立野蒜小学校と、宮戸小学校を統合し新しい小学校として生まれた宮野森小学校の本設建築工事です。基本構想は「森の学校」をコンセプトとし、心身ともに強い子どもたちを育む目的で、自然環境を活用した新たな教育が出来る校舎を検討。

 結果、校舎は北側の里山に寄り添うかたちの木造平屋建(一部2階建)とし、約5000本の無垢材は東北杉材を中心に採用したことで、木のぬくもり溢れる学び舎となりました。

 当社は校舎及び外構の建設工事を担当しましたが、電気・設備工事会社や地元の建設業者の皆様のご協力のもと、1年3ヶ月という短工期ではありましたが、引渡期日どおりの完全完工を実現出来ました。


 住友林業グループは、中大規模建築物の木造化・木質化に注力しています。住宅事業のみならず、木造建設事業を拡大することで全国の地域木材を活用してまいります。


以上

≪本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。≫

住友林業株式会社 

コーポレート・コミュニケーション部 橋本・佐藤

TEL:03-3214-2270

企業・IR・CSR情報