ニュースリリース(2017年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2017年07月10日

東京都主催「時差Biz」に7支店参加
~通勤ラッシュのストレス緩和、生産性向上へ~


 住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)は東京都が推進する、通勤ラッシュの緩和を目指す取り組み「時差Biz」に参加します。

 期間は7月11日(火)から7月25日(火)まで。対象は、住宅事業本部の都内7支店に勤務する社員約600人。「時差Biz」に参加することにより柔軟で多様な働き方を推進します。

 当社は、2017年4月に「フレックスタイム」「コアタイム」「インターバル」等の各種制度を導入し、柔軟な働き方を推進しています。
 「時差Biz」に参加することで、自分のワーク・ライフ・バランスについて改めて考え、働き方・暮らし方を快適にすることを目指します。


 「時差Biz」により得た時間で社員自らが多様な経験を積み、お客様へのサービス向上と新しい価値の創造に取り組んでまいります。



 【時差Bizについて】

 東京都を中心に、経済団体、企業、鉄道事業者等が連携して通勤ラッシュを緩和し、社会全体の生産性の向上を図る取り組み。参加企業(約230社)が一斉に取り組むことにより、参加者がその効果を体感し、豊かな生活を実現することを目的としています。


 ▼「時差Biz」の詳細はこちら

  https://jisa-biz.tokyo/about/

以上

≪本件に関するお問い合せは、下記にお願いいたします≫

住友林業株式会社

コーポレート・コミュニケーション部 大西・中田

TEL:03-3214-2270

企業・IR・CSR情報