ニュースリリース(2017年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2017年07月21日

~日本クオリティのワンストップサービス~
インドネシア住友林業 ショールームオープン

 住友林業のインドネシア子会社で木材・建材の輸出入、卸販売を行うインドネシア住友林業(PT.Sumitomo Forestry Indonesia)は7月24日、同国初となるショールームをジャカルタ市内にオープンします。

 このショールームは住宅の建材・内装部材を設計から施工までトータルにデザインできるのが特徴です。施工は日本人在籍の提携工事者が一括して請負。日本クオリティのワンストップサービスを提供します。

 インドネシアではお客様が個別に商品を選択し商品毎に別々の業者が施工するのが一般的で、住空間として完成するとデザインの統一感に懸念がありました。このショールームは、内装の仕上りがイメージし易いよう、住空間のサンプルレイアウトを1階に展示。2階は個々の商品や複数の色柄など細部までこだわったサンプル展示や、商品特性を体感できるスペースにしました。



 主な展示品は住友林業がインドネシア自社工場で製造している、木質フロア材、壁材、収納など木の魅力を存分に生かした商品です。そのほかキッチンや浄水器、畳、天井材、塗り壁材等は日本の協力建材メーカーの商品を展示し、日本ならではの安心・安全でクオリティの高い空間を演出します。



 当社グループは1970年のKTI社(PT. Kutai Timber Indonesia)設立以来インドネシアへ進出している日本企業の中でも、最も古い歴史があります。

 経済成長が著しいインドネシアは、今後あらゆるモノに対して質に対する需要が高まってきています。これまで培ってきた住友林業グループの木材建材事業における知識や経験を活かし、インドネシア地域の方々に快適な住環境を提供して豊かな住生活の実現に貢献していきます。



■ショールーム概要

名称   : Interior Design Showroom.
所在   : Ruko Wisteria, Lantai 1, Jl. Panglima Polim Raya No. 7A Kebayoran Baru,Jakarta Selatan 12160
延べ床面積: 207.3㎡
電話   : (+62)-21-2277-4480
メール  : showroom@sf-indonesia.com


 1階は特にリビング、ダイニングをイメージした空間展示となっています。床や壁、家具などに当社グループのKTI社やSRP社(PT.Sinar Rimba Pasifik)で製作した木質建材を多く使い、住友林業の特徴である木質感のあるインテリアを実現しています。ステンレスのアイランド型キッチンや和を感じて頂ける畳材などを配置し、お客様に日本的な住空間のイメージを持っていただきたいと考えています。

 2階では当社グループの特徴である木質材料を選んでいただける『木質コーナー』の他、各メーカー様の個別ブースを製作し、1階で触れて頂いた商品の詳細情報の提供を行うと同時に、様々な機能を体験できるようにしました。商品の柄サンプルや色サンプルも用意していますので、当社のスタッフと話し合いながら、一つずつの建材を選んでいただき、違和感のないトータルコーディネートをご提案できればと考えています。

 デザインを選んで頂いた後は、当社の提携工事者が一括して施工を行うことにより、様々な業者が別々に作業をすることによるちぐはぐな納まりや、納期遅延などの問題を解決し、日本クオリティの施工を御提供します。

以上

≪本件に関するお問い合せは、下記にお願いいたします≫

住友林業株式会社

コーポレート・コミュニケーション部 真鍋・大西

TEL:03-3214-2270

企業・IR・CSR情報