ニュースリリース(2017年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2017年07月24日

木の素晴らしさを子供たちへ
「丸の内キッズジャンボリー2017」に協賛・出展

 住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)は子供向け参加型イベント「丸の内キッズジャンボリー2017」に協賛します。東京国際フォーラム主催のこのイベントは、子どもたちに未来の夢を育む感動・発見・驚きを届けることを目的に2007年から夏休み期間に開催され、今年で11回目です。

 

 当社は昨年に続き協賛し、参加体験型ブースを出展します。ブースでは身の回りにある木の素晴らしさや魅力、日本の森を守る大切さ等を、子どもたちに楽しく、わかりやすく伝えます。また、エネルギー問題解決の一翼を担う木質バイオマス発電を紹介し、持続可能社会や木の無限の可能性について考えるきっかけを提供します。

 

 住友林業は1691年の創業以来、国内外において再生可能な資源である「木」を活かした事業を行ってきました。この協賛を通じ、未来を担う子どもたちに向けて木の素晴らしさや新たな可能性を伝え、持続可能で豊かな社会づくりに貢献していきます。

 

 

 

【出展内容】

■「見て、触って、考える。木の可能性を大調査!」 

/わくわくブース 於ホールE 自由入場

意外に知られていない木や森の可能性をクイズ形式で紹介します。クイズに答えた参加者に当社オリジナルキャラクター「きこりん」のグッズをプレゼント。親子で楽しみながら、ワクワクする学びを体感いただけます。

 

 

 

 

■「丸の内キッズジャンボリー2017」の概要

日程  : 2017年8月15日(火)、16日(水)、17日(木)の3日間。時間10時~17時
会場  : 東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内3-5-1)
主催  : 東京国際フォーラム  公式サイトhttp://www.tif-kids.jp/2017/
共催  : 読売新聞東京本社
特別協力: 読売KODOMO新聞
協賛  : 住友林業/マルコメ


以上

≪本件に関するお問い合せは、下記にお願いいたします≫

住友林業株式会社

コーポレート・コミュニケーション部 真鍋・ジョール

TEL:03-3214-2270

企業・IR・CSR情報