ニュースリリース(2017年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2017年11月29日

2018年オリジナルカレンダー 「木と生きる幸福。」30名様にプレゼント
応募締切:2017年12月10日(日)
【応募は締め切らせて頂きました。たくさんのご応募をありがとうございました。】

 住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)は、社有林を撮影した2018年オリジナルカレンダー「木と生きる幸福。」を抽選で30名様にプレゼントいたします。

 

 住友林業グループは、1691年の創業以来320余年の歴史の中で、「森」を育てることによって"木"の素晴らしさと自然の恵みの大切さを学んできました。現在、北海道から九州に広がる約4万6,000 ha(国土の約1/900)の社有林を保有しています。その森の一瞬一瞬の表情をカメラにおさめ制作したカレンダーは、毎年ご好評をいただいております。

 

 2018年のカレンダーは、当社社有林における四季折々の風景のなかで、樹木のいきいきとした生命力を色鮮やかにとらえた写真を選出。当社グループのブランドメッセージである「木と生きる幸福。」にも込められている「木の可能性」を、カレンダーを通して感じてほしいという想いで制作しました。

  

 当社グループは、世界の人口増加等により中長期的な木材需要の拡大が予想される中、国内外で持続可能な森林経営を行っています。海外ではインドネシア、ニュージーランド、パプアニューギニアにて、計約23万haの山林を管理・保有し、環境に配慮したサステナブルな植林事業を推進しています。近年、日本では戦後に植えられた木が伐採期を迎え、国産材利用の機運が高まっています。しかし、再造林用の苗木が不足しているため、自治体とも協力し育苗施設を建設するなどし、年間1,000万本の供給を目指して苗木の生産体制強化に取り組んでいます。

 

 今後も「再生可能で人と地球にやさしい自然素材である『木』を活かし、『住生活』に関するあらゆるサービスを通じて、豊かな社会の実現に貢献します。」という経営理念のもと、森林資源の価値を高め地球環境に貢献する事業をグローバルに展開してまいります。

 

 住友林業「2018年オリジナルカレンダー」プレゼントの詳細は、下記の通りです。

 

 

◆プレゼント商品:住友林業 2018年オリジナルカレンダー「木と生きる幸福。」

                       &nbsp カレンダーの体裁 A2サイズ(タテ610mm/ヨコ425mm、8頁・表紙含む)

<写真>

◆プレゼント数:30名様(応募者多数の場合は、抽選といたします。)

◆応募方法:応募は締め切らせて頂きました。たくさんのご応募をありがとうございました。

 

◆応募締め切り : 2017年12月10日(日) 必着

                   &nbsp ・応募者多数の場合は抽選の上、発送をもって発表にかえさせていただきます。

                   &nbsp ・応募に関する個人情報は、カレンダーの抽選・発送にのみ使用いたします。

表紙

9月・10月

住友林業 2018年オリジナルカレンダー「木と生きる幸福。」

以上

《本件に関するお問い合わせ先

住友林業株式会社 

コーポレート・コミュニケーション部 鈴木・松家

TEL:03-3214-2271

企業・IR・CSR情報