木化の仕事紹介(中大規模木造建築)

自然の心地よさを「感じる環境」として提案することを目指しています。

住友林業の木化事業は、森林事業と住宅事業で培った木造建築の技術を活かし、自然の心地よさを「感じる環境」として提案することを目指しています。お客さまの様々な要望に答えるため、意匠設計、構造設計、設備設計、積算、施工の各職種の知識や経験を活かし、さらには自らのレベルアップに挑みながら最高の木造建築づくりに取り組む人を紹介します。

設計の仕事

お客さまにモデルとなる施設を提案

教育施設や高齢者福祉施設、商業施設などの現場でも、木造建築へのニーズが年々高まっています。木化事業の設計は、そんな時代の先駆者として、木造建築のモデルケースとなる施設をお客さまに提案し続けています。お客さまとの打ち合わせを重ねながら、アイデアと技術を駆使し、お客さまの望んでいる理想の建物を提供することは、私たちのやりがいでもあり、こだわりでもあるのです。なかでも、筑波研究所と協力しながら最新の技術を取り入れる試みは、従来にない木造建築づくりに大きく貢献しています。木化営業部の設計とは、お客さまと一緒に新しい施設をつくり上げていくその過程で、経験と実績を積み重ねることができる仕事なのです。

施工監理の仕事

多くの経験から価値のある建物をつくる

木化営業部では、木造の中規模・大規模建築を手掛けています。施工の仕事は、定期的にお客さまとの打ち合わせを重ねることはもちろん、工程管理を常にチェックしながら全工程を現場責任者として請け負います。木と人との新しいつながりを大切に、木質化、木造化のよさを活かした建物の建築に携われるこの仕事に、やりがいを感じています。また、若いうちから所長という立場で仕事に取り組めるので、場数を踏むことで見識が深まり自分の成長を実感できるのも、木化営業部の強みのひとつです。知識や経験を活かし、街のシンボル的な存在になるような建物を手掛けることで、木造建築のよさを認めてもらえるようにする、それが施工の仕事なのです。

ページトップへ