CSR情報

事業・サービスを通じた生物多様性保全

緑化事業を通じた生物多様性保全「ハーモニックプランツ®

住友林業緑化株式会社では、わが国の生物多様性を守るため、生態系や遺伝子系統に対する影響などを踏まえ植栽計画地に応じた緑化植物を選択しています。このような生物多様性に配慮した緑化植物を「ハーモニックプランツ®」と名付け、すべての緑化事業に適用しています。

樹木には、日本に古くから自生している植物(自生植物)と、外国から入ってきた植物(移入植物)、そして園芸植物(栽培品種)があります。移入植物の中には、その特質により自生植物の生息する場所を奪ったり、地域の生物多様性を脅かすような種(侵略植物)もあります。

植栽計画においては、保全レベルを考慮した4つのエリア(保護エリア、保全エリア、里山エリア、街区エリア)に分け、これに応じて植物種を選択します。例えば、住宅の庭づくりを行う「街区エリア」では、「栽培品種を含む自生植物」を主体に「侵略性のない移入植物」からも緑化植物をバランスよく選択することで「彩り」を演出しています。さらに地域の生態系への悪影響が明らかな侵略植物を使用しない方針を立て、同社の技術統括部署において、その使用の有無をチェックしています。

  • ※ 外来生物法に規定されている特定外来生物および生態系被害防止外来種
ハーモニックプランツ(R)の考え方

ページの先頭へ戻る

「ハーモニックプランツ®」の普及・定着に向けて

住友林業緑化は、住友林業の戸建注文住宅や分譲住宅に、生物多様性に配慮した植栽を採用しています。2014年10月から住友林業とともに発売開始した総合的な庭提案「住友林業の庭」を主体に住まいと庭の一体設計を提案しており、植栽については「ハーモニックプランツ®」をもとに、生物多様性に配慮した計画の案内に努めています。

2016年度には、完工した832棟の分譲住宅の外構植栽工事すべてで「ハーモニックプランツ®」による植栽を行いました。また、同年度にオープンした住友林業の住宅展示場全17カ所でも「ハーモニックプランツ®」による植栽工事を実施するなど、お客様への植栽提案に活用するとともに、社員の意識啓発を図っています。

なお、「ハーモニックプランツ®」のうち、自生種の植栽本数についてはCSR中期計画で目標を設定しており、2016年度は住友林業の戸建注文住宅や分譲住宅に30,614本第三者保証マーク植栽しました。

ページの先頭へ戻る

生物多様性に関するコンサルティング事業

社会・環境貢献緑地評価システム(SEGES)の取得支援

「環境の時代」に求められる“緑地”への幅広いニーズに応えるためには、都市緑化、生物調査リスク管理など、緑地資産を取り巻く専門分野の知見が必要となります。住友林業緑化では、住友林業、株式会社インターリスク総研、株式会社地域環境計画とともに、「エコアセット™・コンソーシアム」というコンサルタントチームを組織し、コンサルタント業務を通じて、企業所有の緑地環境を活用した“社会貢献緑地”の普及に取り組んできました。

「エコアセット™・コンソーシアム」が緑地保全計画のコンサルタントを行っている「トヨタの森」では、その取り組みが高く評価され、2015年10月、「第3回みどりの社会貢献賞」を受賞しました。「みどりの社会貢献賞」とは、公益財団法人都市緑化機構が主催し、緑地の一般開放や生物多様性保全活動等が評価されるもので、緑地による社会貢献評価としては最高の賞のひとつです。

ページの先頭へ戻る

株式会社明電舎沼津事業所 生物多様性プロジェクト

住友林業緑化では、「エコアセット™ ・コンソーシアム」に参画している企業と共同で、明電舎沼津事業所の既存緑地を活用した生物多様性取り組みを支援しています。明電舎沼津事業所は、富士山、駿河湾、柿田川湧水群など、豊かな自然に囲まれた沼津の地に、昭和36年に開業した、明電舎グループの基幹生産拠点。北は富士山から連なる丘陵地の自然、南は駿河湾の海浜の自然の影響を、それぞれ受け、多様な生態系上のポテンシャルを有しています。

「エコアセット™ ・コンソーシアム」では、既存緑地を活用した自然ふれあいプログラムを提案。2016年度には社員参加の生物多様性活動を2回実施しました。

富士山を望む立地

富士山を望む立地

敷地内で確認されたハグロトンボ(水質の良い清流に生息)

敷地内で確認されたハグロトンボ
(水質の良い清流に生息)

「生物多様性活動」社員およびその家族、2日間で80名が参加

「生物多様性活動」社員およびその家族、
2日間で80名が参加

いきものマップを作成し社員参加のモニタリングも実施

いきものマップを作成し社員参加の
モニタリングも実施

ページの先頭へ戻る

今後に向けて

今後も、「ハーモニックプランツ®」の普及促進を通じてわが国の生物多様性を守るとともに、コンサルティング事業を通じて社会貢献緑地の普及を図っていきます。また、「身近な生きものを知り、触れ合うアクティビティ」などを通じて、自然と共生する事業所づくりを提案していきます。

ページの先頭へ戻る

企業・IR・CSR情報