CSR情報

有害化学物質の管理

化学物質の管理

国内工場の化学物質管理

住友林業グループでは、国内は「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」(PRTR法)に従って、対象となる住友林業クレスト株式会社の3工場(鹿島工場・新居浜工場・伊万里工場)それぞれについて、有害化学物質を管理しています。

国内工場の化学物質管理表(2016年度)
対象会社 対象部署 物質番号 化学物質の名称 取扱量(kg/年) 排出量(kg/年)第三者保証マーク 移動量 (kg/年)第三者保証マーク 製品への
転換
大気
※VOC規制対象
水域 土壌 埋立処分 下水道 当該事業所外
住友林業クレスト 鹿島工場 186 塩化メチレン(ジクロロメタン) 13,703 9,600 0 0 0 0 4,100 2
448 メチレンビス(4,1-フェニレン)=ジイソシアネート 1,179 0 0 0 0 0 70 0
小計 14,882 9,600 0 0 0 0 4,170 2
新居浜工場 186 塩化メチレン(ジクロロメタン) 4,550 2,800 0 0 0 0 1,700 0.5
小計 4,550 2,800 0 0 0 0 1,700 0.5
伊万里工場 4 アクリル酸及び水溶性塩 11,347 0 0 0 0 0 0 11,327
7 アクリル酸ノルマル-ブチル 12,372 0 0 0 0 0 35 12,335
84 グリオキサ-ル 2,240 0 0 0 0 0 4.3 2,156
134 酢酸ビニル 2,166,429 2,400 96 0 0 0 46 2,195,175
349 フェノール 56,160 0 1 0 0 0 18 56,141
395 ペルオキソ二硫酸の水溶性塩 3,451 0 0 0 0 0 8.6 3,435
407 ポリ(オキシエチレン)=アルキルエーテル
(アルキル基の炭素数が12から15までの及び混合物に限る)
2,328 0 12 0 0 0 6.4 2,269
411 ホルムアルデヒド 158,286 49 0 0 0 0 290 166,591
415 メタクリル酸 1,386 0 0 0 0 0 0 1,429
448 メチレンビス(4,1-フェニレン)=ジイソシアネート 9,688 0 0 0 0 0 45 9,643
小計 2,423,687 2,449 109 0 0 0 453.3 2,460,501
  合計 2,443,119 14,849 109 0 0 0 6,323.3 2,460,504

海外工場の化学物質管理

海外の工場においては、各国の化学物質管理規制に従って、下表の通り、接着剤や塗料などに含まれる化学物質を管理しています。

海外工場の化学物質管理表(2016年度)
対象会社 化学物質の名称等 取扱量
(t/年)
排出量(t/年) 移動量 (t/年)
大気
※VOC規制対象
水域その他 製品への転換
KTI インドネシア MA、UA他接着剤等 15,867 10,859
ASTI インドネシア スチレン、キシレン、溶剤 23 6
RPI インドネシア イソシアネート、ホルムアルデヒド 658 400
NPIL ニュージーランド ホルムアルデヒド 371 371
VECO ベトナム イソシアネート、ホルムアルデヒド他 403 0 146 257
CCC アメリカ合衆国 MEK、アルコール類他 193 165 28
    合計 17,515 165 146 11,920

ページの先頭へ戻る

大気汚染物質の管理

国内工場の大気汚染物質管理

大気については「大気汚染防止法」および地域条例に則り、対象となる住友林業クレスト株式会社の各工場(鹿島工場・静岡工場・新居浜工場)、スミリン農産工業株式会社の新城工場、紋別バイオマス発電株式会社それぞれについて、ダイオキシン、NOx、SOx、ばい塵の大気中への排出濃度検査を定期的に実施しています。

国内工場の大気汚染物質管理表(2016年度)
対象会社 対象部署 測定物質 排出量(kg/年) (基準値) 測定濃度 大気への排出量
(mg-TEQ)
単位  
住友林業クレスト 鹿島工場 ダイオキシン ng-TEQm³/N 5 3.3 89
静岡工場 ダイオキシン ng-TEQm³/N 5 0.5 2
対象会社 対象部署 測定物質 排出量(kg/年) (基準値) 測定濃度 乾きガス流量(Nm³/h)
単位  
住友林業クレスト 新居浜工場 SOx(硫黄酸化物)> 852第三者保証マーク K値 3.5 < 0.01 2,303
NOx(窒素酸化物) 272第三者保証マーク ppm 350 45.4 2,303
ばいじん 284 g/Nm³ 0.3 0.115 2,303
伊万里工場 SOx(硫黄酸化物) 2,033第三者保証マーク K値 3.5 < 0.01 2,303
スミリン農産工業 新城工場 SOx(硫黄酸化物) 28 K値 17.5 1.53 11,400
NOx(窒素酸化物) 225 ppm 200 50 11,400
ばいじん 42 g/Nm³ 0.2 < 0.005 11,400
紋別バイオマス発電所 SOx(硫黄酸化物) 84,559第三者保証マーク ppm 700 55.8 181,750
NOx(窒素酸化物) 109,149第三者保証マーク ppm 250 100.8 181,750
ばいじん 209 g/Nm³ 0.1 < 0.005 181,750

海外工場の大気汚染物質管理

海外の工場においては、各国および地域の規制に従って、インドネシアとベトナムではNOx、SOx、ばい塵の排出濃度測定を、アメリカ合衆国では、VOCの排出量の測定を実施しています。

海外工場の大気汚染物質管理表(2016年度)
対象会社 測定物質 (基準値) 測定濃度 乾きガス流量
(Nm³/h)
単位  
KTI インドネシア CO(一酸化炭素) μgr/Nm³ 22,600 1,495.0
SO2(硫黄酸化物) μgr/Nm³ 262 1.6
NOx(窒素酸化物) μgr/Nm³ 92.5 23.0
H2S(硫化水素) μgr/Nm³ 42 0.1
NH3(アンモニア) μgr/Nm³ 1,360 50.3
O3(オゾン) μgr/Nm³ 200 3.1
ばいじん mg/Nm³ 0.26 0.18
RPI インドネシア SOx(硫黄酸化物) mg/Nm³ 800 検出されず
NOx(窒素酸化物) mg/Nm³ 1,000 116
ばいじん mg/Nm³ 350 295.5
ASTI インドネシア CO(一酸化炭素) μg/Nm³ 15,000 2,289.0
SO2(硫黄酸化物) μg/Nm³ 632 8.1
NOx(窒素酸化物) μg/Nm³ 316 5.2
H2S(硫化水素) μg/Nm³ 0.02 0.001
NH3(アンモニア) ppm 2.0 0.054
VECO ベトナム SO2(硫黄酸化物) mg/Nm³ 500 8.12
NOx(窒素酸化物) mg/Nm³ 850 464.88
ばいじん mg/Nm³ 200 71.88

ページの先頭へ戻る

水質汚染物質の管理

国内の水質汚染物質管理

水質については「水質汚濁防止法」に則り、対象となる筑波研究所および住友林業クレスト株式会社全工場(鹿島工場・静岡工場・新居浜工場・伊万里工場)それぞれについて、定期的に排水の水質濃度検査を実施しています。

国内工場の水質物質管理表(2016年度)
対象会社 対象部署 検査項目 (基準値) 測定濃度
単位  
住友林業 筑波研究所 PH 5~9 7.3
BOD(生物化学的酸素要求量) mg/L <600 14.0
SS(浮遊物質量) mg/L <600 25.0
ノルマルヘキサン抽出物含有量/鉱油類 mg/L <5 <1
ノルマルヘキサン抽出物含有量/動植物油脂 mg/L <30 <1
沃素消費量 mg/L <220 <5
フェノール類 mg/L <5 <0.025
銅含有量 mg/L <3 <0.02
亜鉛含有量 mg/L <2 0.03
溶解性鉄含有量 mg/L <10 0.08
溶解性マンガン含有量 mg/L <10 <0.02
シアン化合物 mg/L <1 <0.1
六価クロム化合物 mg/L <0.5 <0.005
ベンゼン mg/L <0.1 <0.001
ホウ素およびその化合物 mg/L <10 0.03
フッ素およびその化合物 mg/L <8 <0.17
住友林業クレスト 鹿島工場 PH 5.8~8.6 10.8
BOD(生物化学的酸素要求量) mg/L 3.0
COD(化学的酸素要求量) mg/L 10.0 6.6
SS(浮遊物質量) mg/L 10.0 6.0
静岡工場 PH 5.8~8.6 7.2
BOD(生物化学的酸素要求量) mg/L < 160 8.4
COD(化学的酸素要求量) mg/L
SS(浮遊物質量) mg/L < 200 6.6
新居浜工場 PH 5.8~8.6 7.2
BOD(生物化学的酸素要求量) mg/L
COD(化学的酸素要求量) mg/L 160 7.0
SS(浮遊物質量) mg/L 200.0 44.7
伊万里工場 PH 5.8~8.6 7.7
BOD(生物化学的酸素要求量) mg/L
COD(化学的酸素要求量) mg/L 70 31.3
SS(浮遊物質量) mg/L 70.0 8.1

海外の水質汚染物質管理

海外の工場においては、各国の排水水質規制に従って、水質汚染物質の濃度検査を実施しています。

海外工場の水質物質管理表(2016年度)
対象会社 検査項目 (基準値) 測定濃度
単位  
KTI インドネシア PH 6~9 7.0
BOD(生物化学的酸素要求量) mg/L 75.0 4.2
COD(化学的酸素要求量) mg/L 125.0 10.3
TSS(浮遊物質量) mg/L 50.0 5.3
NH3-N(アンモニア濃度) mg/L 4.0 0.0
Fenol(フェノール濃度) mg/L 0.3 0.0
RPI インドネシア PH 6~9 8.6
BOD(生物化学的酸素要求量) mg/L 75 4.4
COD(化学的酸素要求量) mg/L 125 12.4
NH3-N(アンモニア濃度) mg/L 4 0.2
Fenol(フェノール濃度) mg/L 0 <0.001
ASTI インドネシア PH 6~9 7.0
BOD(生物化学的酸素要求量) mg/L 50.0 16.0
COD(化学的酸素要求量) mg/L 100.0 34.6
溶解性鉄含有量 mg/L 5 0.0043
溶解性マンガン含有量 mg/L 2 <0.0059
銅含有量 mg/L 2 0.0094
亜鉛含有量 mg/L 5 0.0062
六価クロム化合物 mg/L 0.1 0.0001
クロム化合物 mg/L 0.5 0.0322
カドミウム化合物 mg/L 0.05 <0.0013
鉛化合物 mg/L 0.1 0.0659
硫化水素化合物 mg/L 0.05 0.0058
硝酸塩化合物 mg/L 20 0.4537
亜硝酸塩化合物 mg/L 1 0.0062
VECO ベトナム PH 5~9 7.4
BOD(生物化学的酸素要求量) mg/L 100 60.3
COD(化学的酸素要求量) mg/L 300 138.4
SS(浮遊物質量) mg/L 200 24.1
NPIL ニュージーランド PH 6~9 適合
BOD(生物化学的酸素要求量) kg/日 2,350 適合
COD(化学的酸素要求量) kg/日 6,400 適合
SS(浮遊物質量) kg/日 650 適合

ページの先頭へ戻る

アスベスト(石綿)含有建材の適正処理

住友林業グループは、石綿の適正な処理ルートを確保しています。住友林業では、「解体工事適正対応ガイド」を策定し、住宅の解体工事における石綿の飛散防止に努めています。

一方、各事業所の建築物においても、法律に基づき適正に処理しています。

ページの先頭へ戻る

ポリ塩化ビフェニル廃棄物の保管・適正処理

使用済みの高圧コンデンサなどに含まれるポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物については、「PCB廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」に則り適切に管理し、処理を進めています。

住友林業クレストでは、2016年度は、工場閉鎖に伴う設備の撤去などにより、2015年度に引き続き7,052kgのPCBを処理しました。2016年度末現在、225台を保管、44台は使用しています。また、筑波研究所および河之北開発株式会社においても現在使用中の設備が5台あり、計274台が管理中となっています。

ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の処理状況※1
対象会社 対象施設 2015年度
処理量(kg)※1
2016年度
処理量(kg)※1
住友林業クレスト株式会社 伊万里工場 1,637 1,385
(旧)名古屋工場※2 1,720 0
(旧)九州工場※2 3,695 8,570
  小計 7,052 9,955
  • ※1 上記処理量(kg)は、処分届の数量で、保管容器込みの重量を記載している
  • ※2 (旧)名古屋工場、(旧)九州工場は、2015年6月末に閉鎖しました
ポリ塩化ビフェニル(PCB)の管理状況※1
対象会社 対象施設 2017年度以降
処理予定(台数)
管理状況
住友林業 筑波研究所 4 コンデンサー使用中
住友林業クレスト (旧)名古屋工場※2 225 蛍光灯安定器保管中
44 変電機器使用中
河之北開発 コース管理棟 1 受電盤使用中
  小計 274  
  • ※1 上記記載の機器は、現在使用中もしくは保管中の機器であり、処理検討中のもの
  • ※2 上記(旧)名古屋工場は、2015年6月末に閉鎖しました

ページの先頭へ戻る

フロン排出量の管理

筑波研究所などの試験設備や関係会社の空調・保冷庫などの冷媒として使用されているフロン類ガスについては、2015年4月に施行された「フロン排出抑制法」に則り、下表のようにフロン排出量を定期検査時のフロン充填量で管理しています。

フロン排出量管理状況
対象会社 対象施設 2016年度
フロン充填量(kg)
換算値
(kgCO2)
住友林業 筑波研究所
(試験設備等)
28.6 52,299
株式会社フィルケア デイフォレスト東山田 1.0
株式会社フィルケア グランフォレスト氷川台 0.3
河之北開発 レストラン 11.0
ジャパンバイオエナジー 事務所 3.0
合計   43.8 52,299
  • ※ フロン排出量は、定期点検時のフロン充填量(kg)で管理している

ページの先頭へ戻る

植物の力を活用した土壌浄化技術・環境修復事業

現在、日本国内では工場などの跡地の利用において、土壌汚染に伴う環境負荷とその対策コストの負担が課題となっています。例えば、ガソリンスタンドは、埋設から40年以上たった地下タンクの改修が、改正消防法で義務化されたことに伴い、年間で約1,000カ所~2,000カ所が閉鎖される見込みです。

こうした土壌汚染対策・環境修復の需要に応えるべく、住友林業グループは、植物の作用を活用した汚染土壌の浄化(ファイトレメディエーション)に取り組んでいます。その一環として、2012年度、独自に品種登録した日本シバ「バーニングフィールド」による油汚染土壌浄化工法を、JXTGエネルギー株式会社(当時:JX日鉱日石エネルギー株式会社)と共同開発しました。

この工法で使用する日本シバは、根から出る栄養分が油分を低減する微生物の働きを活性化させる作用を持ち、環境負荷を抑え低コストで汚染土壌を浄化することが可能です。これまで、ガソリンスタンドや油槽所跡地の浄化に9件導入され、そのうち3件で浄化が完了しました。

なお、2013年「環境対策に係る模範的取組表彰(大臣表彰)」を受賞するとともに、環境省が2013年度、2014年度に実施した「低コスト・低負荷型土壌汚染調査対策技術検討調査」において、油分分解微生物の活性化傾向が認められたほか、高濃度の油汚染地で適用することができる可能性があるとの評価を得ました。

今後も、この工法による浄化実績を積み重ね、全国の油汚染問題の解決に貢献していきます。

ガソリンスタンド跡地に施工された芝

ガソリンスタンド跡地に施工されたシバ

ページの先頭へ戻る

企業・IR・CSR情報