CSR情報

生物多様性保全に関する方針と目標

生物多様性宣言と生物多様性行動指針

住友林業は、2006年度に国内社有林における「生物多様性保全に関する基本方針」、2007年度に「木材調達理念・方針」を定めました。また、2007年度に環境方針を改訂し、生物多様性への配慮を加えました。さらに、2012年3月には、住友林業グループの生物多様性への認識や姿勢を示す「生物多様性宣言」、社内的な指針を取り決めた「生物多様性行動指針」、具体的な行動目標を定めた「生物多様性長期目標」を制定しました。
なお、2015年7月より、「環境理念」「環境方針」「住友林業グループ生物多様性宣言」「住友林業グループ生物多様性行動指針」を統合し、「住友林業グループ環境方針」の運用を開始しています。

ページの先頭へ戻る

生物多様性長期目標

生物多様性保全への取り組みを推進すると同時に、2010年に生物多様性条約COP10で採択された「愛知目標」達成に向けた国際的貢献を図るため、2012年3月に生物多様性長期目標を策定しました。それぞれの目標に2020年までの概略的なタイムスケジュールを設けて、今後の取り組みの指針としています。

住友林業グループ生物多様性長期目標(要約)

グループ共通目標
1 (森林の持続可能性の追求)

木に関わる川上から川下まで全ての事業で、森林の減少防止に努め、森林の持続可能性を追求します。

  • 再植林や天然更新など森林の再生や、森林の生長量以下の計画伐採に努めます。
  • 森林認証材・植林木・国産材など持続可能な木材の調達や利用を拡大します。
  • 木材の有効利用と循環利用を進めます。
2 (森林および木材による二酸化炭素の吸収・固定の拡大)

健全な森林を育成し、木質建材・木造建築物により木材利用を推進することで、木材による二酸化炭素の吸収と固定を大きく拡大し、生物多様性保全と気候変動緩和に貢献します。

個別目標
3 (森林)

生物多様性を再生・維持・拡大する森林管理を推進します。

  • 生態系や生物の生息環境を守るゾーニングを進めます。
  • 国内社有林では環境保全を重視する環境林の面積を20%以上確保します。
  • 国内社有林は森林認証100%を維持します。
  • 国内社有林では生物多様性モニタリング結果に基づく絶滅危惧種等に関する目標を2012年以降策定します。
  • 海外植林では、地域社会・経済・教育への貢献に配慮しながら事業を行います。
4 (商品)

森林認証や環境評価などの生物多様性に配慮した商品やサービスを提供します。

5 (建設)

自然環境や街並みに調和した家づくり、まちづくりに努めます。

6 (設計)

建設・施工では、ゼロエミッション推進により廃棄物の発生を管理・抑制します。

7 (緑化)

周辺の生態系や植生に配慮し、自生種を積極的に植栽します。

8 (工場)

汚染物質、廃棄物、騒音を管理・抑制し、生物多様性への影響を減らします。

9 (広報)

お客様、取引先、地域社会などのステークホルダーに生物多様性の大切さを積極的に伝えます。

10 (研究)

生物多様性への取り組みのため、最新の情報を収集し保全技術を開発します。

11 (社会貢献)

歴史的・文化的に貴重な樹木やその遺伝子を保護します。

企業・IR・CSR情報