CSR情報

水資源の有効利用

事業活動における節水

世界では今、水不足に対する危機感が増しています。今後、人口増加や途上国の経済成長によって水需要が高まることにより、この問題はますます深刻化することが予想されます。
住友林業グループでは、これまで、国内外の製造会社の水使用量を把握してきましたが、2012年度からは当社グループが所有する建物など、水使用量の実数測定が可能な拠点の使用量や起源も把握しています。また、住友林業では、2015年度、当社の住宅の施工現場の水使用量のサンプリング調査を実施し、施工時の水使用量は床面積1m2あたり約0.0887m3であることがわかりました。
一方、国内製造会社では、主に住宅の内装材などの木材加工品を製造しているため、水使用量は多くありませんが、可能な限り水資源を有効利用するため、各工場で節水に取り組んでいます。
住友林業グループは、水ストレスの高い地域を含む国においても事業を展開しており、当該地域における水使用量の計測に、今後取り組む予定です。 また、水資源保護において、他の組織との協働も必要であるとの考えから、パートナーシップの構築を進めていきます。

国内グループ会社※1の水使用量(2015年度)第三者保証マーク
(単位㎥)
国内オフィス部門 国内製造会社部門
2013年度 2014年度 2015年度 2013年度 2014年度 2015年度
上水道 62,323 64,064 170,117 32,358 22,492 17,612
地下水 2,547 2,970 3,438 323 201 124
工業用水 128,329※2 109,500※2 120,306※2 186,977 173,468 166,444
合計 193,199 176,534 293,861 219,658 196,161 184,180
  • ※1 対象は当社グループが所有する建物など、水使用量の把握が可能な拠点
  • ※2 ゴルフ場を経営している河之北開発株式会社で、芝への水まきなどコースの維持管理として使用分と2015年度からは筑波研究所で実験用に使用している分

ページの先頭へ戻る

住友林業クレスト株式会社の取り組み

合成樹脂接着剤などを製造している住友林業クレスト株式会社の伊万里工場(旧 九州第二工場)では、工業用水を製造設備の冷却に使用したあと、工場排水の希釈に再利用するなど、水使用量削減のため主に3つの施策を推進しています。

排水のCOD測定

排水のCOD測定

住友林業クレスト株式会社伊万里工場の節水施策
  1. 1. 設備洗浄水の一部を回収し、原材料水として再利用する。
  2. 2. 雨水回収用ポンプの増強などで雨水の利用率を向上させる。
  3. 3. COD※1測定による水質管理を実施し、必要最低限の水で排水処理を行う。
  • ※1 化学的酸素要求量のこと。水中の被酸化性物質を酸化するために必要とする酸素量を示したもので、代表的な水質の指標の一つ。

企業・IR・CSR情報