住友林業の賃貸住宅・土地活用 フォレストメゾン

次のニーズへの「対応力」

今も、未来も、入居者ニーズとともに。

オール電化

先進の快適と安心を両立する、
「オール電化」という提案。

建物火災の原因になりがちなのが、キッチンスペースにあるコンロです。火を使わない「オール電化」は火災が起こりにくく、入居者が安心して暮らせるのはもちろん、オーナーの皆さまの貴重な資産を保全する設備仕様として人気です。
先進の快適設備のひとつとして、入居者の満足度を高め、入居率アップのために採用してみてはいかがでしょう。

ペット共生

ペットと共に暮らす方々に ハイクラスのホスピタリティを。

賃貸生活でもペットと共に暮らしたい。
近年はこうした入居者ニーズはとても高まっています。
ペットとの快適な暮らしを、物件の競争力とするために、様々な工夫を凝らしたプランをご用意しております。

セキュリティ・システム

入居者の安心は、オーナーの安心。
セキュリティ仕様の充実で競合物件との差別化を。

近年は戸建住居はもちろんのこと、賃貸住宅においても防犯設備仕様へのニーズは高く、付加価値アイテムのひとつとなっています。
住友林業では、提携セキュリティ専門会社による、先進のセキュリティシステムをご用意し、入居者はもちろん、オーナーの皆さまの資産を見守る安心感をご提供しております。

太陽光発電システム

2020年の、その先へ。
エネルギーをつくる賃貸住宅。

2020年度から始まる「省エネ基準適合住宅の義務化」に向けて、住友林業は省エネルギーな暮らしを実現し、地球環境の未来を支える環境設備の搭載を推進しています。

とりわけ「エネルギーを賢く活かす」ためにおすすめの太陽光発電システムは、賃貸住宅の共用部(廊下階段等の照明など)に設置するなどして、照明等の光熱費の軽減が図れるとともに、発電して使い切れなかった電気を売ることもでき、オーナーにとってもメリットは大きいと言えます。

光ブロードバンド

快適なインターネット環境は、付加価値アイテム。

賃貸住宅入居者にとって、インターネットが常設された住まいであることは、付加価値アイテムであることは間違いありません。
住友林業では、常時接続型の光ブロードバンドを採用するプランをご用意し、入居者が入居されたその日からインターネットをご利用いただける環境を整備するなど、入居者の満足度向上を図っております。