住友林業の賃貸住宅・土地活用 フォレストメゾン

賃貸併用住宅のすすめ

その壱 賃貸併用住宅は「今」のゆとりをつくります!

賃貸併用住宅は「家賃収入がある」ということ。

サラリーマンAさんのお悩み Q今の住まいが古くなったので、建て替えかリフォームを検討中。でも、ローン返済の負担が心配なのですが?貴重な土地を有効活用するなら、ローン返済に強い『賃貸併用住宅』が大注目です!
狭くても賃貸併用住宅にできる!

住宅ローンを利用してご自宅の建て替えやリフォームをしようとすると、毎月のローン返済は大きな負担となります。
しかし、ひとつの建物内に賃貸オーナーの居住スペースと賃貸入居者の居住スペースを共存させた「賃貸併用住宅」の場合、一般的には、賃貸部分から得られる賃料収入をローン返済に充当することが可能となりますので、返済リスクは軽減できると言えます。

例えば、
【1住戸あたりの建築費】1K(25㎡)をおよそ700万で建築
【700万円の返済月額】借入期間30年/金利2.5%の場合およそ2.77万円

つまり、賃貸部分の家賃について「2.77万円」を超える設定が可能であれば、自宅(専用住宅)だけ建てる場合よりも、実はお得と言えます。

賃貸経営収支(ローン返済)シュミレーション 賃貸併用住宅と専用住宅の差は歴然 30年で約5610円もの差に!

賃貸併用住宅をご検討される際には、賃貸部分からの家賃収入を見込んだ収支計画を組むことができるため、自己資金だけでは難しいと思われたハイグレードな設備・仕様を採用できるゆとりが生まれます。

※「一括借上げ賃料」・・・上記シミュレーションでは『一括借上システム』を利用し、募集家賃の90%を借上げる想定となっております。尚、利用には一定の基準がございます。詳細は、当社担当窓口まで お気軽にお問合せください。

ページの先頭へ戻る