住友林業の賃貸住宅・土地活用 フォレストメゾン

賃貸併用住宅のすすめ

その参 賃貸併用住宅は、「次世代へ」受け継げるゆとりをつくります!

知って得する「相続税」対策のお話。

サラリーマンCさんのお悩み Q実家の相続を考えると、二世帯住宅を建てることが有利と聞いたのですが、ほかに良い方法はないでしょうか? 賃貸併用住宅が、相続税対策に有効な手段となる場合がございます。
実家を相続 その相続税対策は…?
実家を建て替えした場合、実家を住み継ぐことができなくとも、賃貸事業を引き継げば、相当分の軽減特例を適用されます

実家の財産評価が高く、相続税が発生し、納税のために売却するようなことになっては、同居されていた方が居住の場を失ってしまいます。それを回避するために評価減の特例※が設けられています。

しかし、例えば、持ち家のあるご子息が相続する際は、ご実家を住み継げないものとみなされ、更地同様の評価額で相続財産に計上されることとなります。

非課税枠である基礎控除が縮小されたこととダブルパンチで、相続税が発生する可能性が高まったわけです。

解決策として、親御さまがご存命のうちに二世帯住宅での同居(評価減の特例の適用対象となる)を検討されるケースも多いですが、通勤・通学といった生活基盤の問題から、容易なものではないのが現実です。

しかしながら、賃貸併用住宅としてご実家を建て替えした場合、ご実家を住み継ぐことができなくとも、賃貸事業を引き継ぐことが可能であれば、相当分の軽減特例を適用することが可能です。 すなわち、資産状況にもよりますが、相続税節税の有効な手立てとなり得る場合がございます。

※個々人の状況によって、相続税のご事情は変わってまいります。詳しくは、最寄りの税務署、または税理士にお問合せください。

「小規模宅地等の特例」に関する詳細はこちら(国税庁ホームページへ)

ページの先頭へ戻る