ホーム > 住友林業の土地活用・賃貸住宅経営 > 実例レポート > オーナーズボイス(Case5)

住友林業の賃貸住宅・土地活用 フォレストメゾン

実例に学ぶフォレストメゾン オーナーズボイス

所在地:埼玉県東松山市 敷地面積:495.55㎡(149.9坪) 延床面積:394.80㎡(119.4坪) 戸数:8戸 間取り:1LDK

CASE.5

自由度の高い設計に着目 初めての賃貸経営も一括借上で安心

(建築前)公園用地→(建築後)ファミリータイプ賃貸住宅

成功のポイント

・周辺競合物件の調査から導き出したターゲット設定 ・入居者に選ばれるプラン ・グレード感のある戸建感覚のデザイン ・賃貸経営の不安を解消する「一括借上システム」

将来の、隣接する土地の活用も視野に入れて提案

市役所に公園用地として貸していた土地の契約が終了し、手元に戻ってきたことから、固定資産税などの税金対策のための土地活用を計画された埼玉県東松山市のEさん。自由設計でオーナーの意見を細部まで反映したプラン・外観デザインを提案してくれる点に魅力を感じ、当社にプラン提案を依頼されました。

Eさんは、敷地の周辺には賃貸住宅が数多くあり、比較的築年数の浅い物件でも空室のあるケースを目にされていました。
そのため、入居者に長く選ばれ続けるプランやデザインにこだわりたいとのご要望をお持ちでした。
そこで当社では、周辺の賃貸市場の動向を入念に調査。埼玉県内に勤める新婚、または小さな子どものいる夫婦を入居者のターゲットにした賃貸住宅を提案しました。土地は、最寄り駅から徒歩10分で、駅から都心へのアクセスもやや時間を要する立地。同様の立地条件の賃貸住宅について募集時の反響や成約の状況などもデータを分析したところ、若いファミリー向けの物件はニーズが高いことが判明しました。しかもEさんの土地の周囲には、こうした方々向けの賃貸 住宅が少ない。これらの状況を総合的に判断し、お勧めしたのが1LDK×8戸の2階建てです。

プランは、ウォークイン・クローゼットや対面式キッチン、大きめの浴室などで魅力をアップ。外観についても、「片側廊下でいかにも賃貸住宅というデザインではなく」とのEさんのご要望もあり、2階住戸の玄関も1階に設け、内階段で2階に上がる重層長屋形式を採用。

グレード感のある戸建感覚のデザインとしました。さらに、初めての賃貸住宅経営の不安を解消するため、「一括借上システム」を提案。安定収入を確保しています。今回、活用をされた土地に隣接した土地も将来的に戻ってくることから、その土地の活用もしやすいよう、賃貸住宅を敷地の奥に寄せるなどの配置にも細かに配慮しました。

相場より高めの家賃設定にもかかわらず、募集開始後はすぐに満室に。外観デザイン、間取りや設備・仕様など、こだわりに応えた自由設計ならではのプランにご満足いただいています。

ページの先頭へ戻る