住友林業がつくる、笑顔が生まれる街づくり。

心地よい風が通り抜け、植栽からこぼれる光が住まいを包む。
住まいを「街の一部」としてとらえ、街全体で美しい景観を叶える街づくりを目指しました。
住まいには、家づくりの知恵や工夫がつまった、一年を通して快適に暮らせる「涼温房」という考え方も生かされているフォレストガーデン上社。
暮らす人たちの笑顔があふれ、家族同士のつながりも生まれていく、楽しみが広がる街です。

タウンデザインのコンセプトは「風雅 fuga」。「風」のエリアと「雅」のエリアに分け、個々の個性を尊重しながらも統一感をもたらし、上質で落ち着きのある街並みを実現しています。
タウンデザインのコンセプトは「風雅 fuga」。「風」のエリアと「雅」のエリアに分け、個々の個性を尊重しながらも統一感をもたらし、上質で落ち着きのある街並みを実現しています。

周辺とは一線を画した心地よさを計画。美しい緑とやさしい風を感じる癒しのエリア。

向かい合った宅地の配置を生かし、豊かな緑と開放感を感じる空間を創造します。心地よい風が通り抜け、木々のそよぐ優しい音に包まれる。日々の暮らしの中で自然のある喜びを身近に感じるエリアです。

風のエリア
イメージ

風のウェルカムゲート

風の流れをイメージしたゲート。リズミカルな曲線を描くように配置されたルーバ−の間から見える植栽が街の緑とも調和する風景を描きます。

風のウェルカムゲート
イメージ

高級感を感じさせながらも奥ゆかしさを感じる洗練された落ち着きのあるエリア。

建物と調和する重厚感のあるゲートや方形の石張りが風格を感じさせるファサード。存在感を放ちながらも上品な雰囲気も醸し出す、ここに住まう人だけの特別な空間を創造する洗練されたエリアです。

風のエリア
イメージ

雅のウェルカムゲート

落ち着きのある色合いの自然石、タイルを用いて格の高いゲートに仕上げ、門柱のデザインとも調和させることで連続性を演出します。

雅のウェルカムゲート
イメージ

区画図

区画図

アイストップツリー

目に留まる箇所にアイストップとなる木を植えることで人が目にする緑の量を高めます。

緑の立体配置

道路際に計算して緑を配置し自然に包まれた街をつくります。

コーナーデザイン

街の表情を彩るコーナー部分には、意匠を施しています。

夏の暑さや冬の寒さをやわらげる、「涼温房」という考え方。
夏の暑さや冬の寒さをやわらげる、「涼温房」という考え方。

涼しく感じる住まい

暖かく感じる住まい

特徴のある樹木を選定し、個性あふれる風景を作りながらも、緑をつなげることで調和のとれた街並みを演出します。
特徴のある樹木を選定し、個性あふれる風景を作りながらも、緑をつなげることで調和のとれた街並みを演出します。

■ シンボルツリー

シンボルツリーには、赤く丸い実をつけ、サラサラと音をたててなびく「ソヨゴ」とクリームホワイトの花を咲かせる「ヤマボウシ」を採用しています。

ソヨゴ
ヤマボウシ(月光)

■ ゲートツリー

ゲートツリーには、日本の秋を華やかに彩る紅葉が美しい「イロハモミジ」を採用。趣のある街並みを演出します。

イロハモミジ

■ アイストップツリー

アイストップツリーには、直立する樹形が特徴の「シマトネリコ」を採用。四季の移ろいを感じられる風格のある樹木です。

シマトネリコ(オーロラ)

■ 低木・下草

トキワマンサク
グミ・ギルドエッジ
ヤブラン
シルバープリペット
イワナンテン
マホニアコンフューサ

※掲載の植栽写真は参考写真となります。※掲載のCGパースは4号棟・5号棟・6号棟を描いたものです。
計画図を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。また、植栽は特定の季節や樹種および入居時の状態を想定して描かれたものではありません。