ニュースリリース(2007年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2007年3月29日

韓国戸建注文住宅事業
ソウル市近郊に第1号モデルハウスオープン

  住友林業株式会社(社長:矢野龍 本社:東京都千代田区丸の内1丁目8番1号)は、韓国の大手建材メーカーである東和ホールディングス(Dongwha Holdingsソウル市)と折半出資で東和SFCハウジング株式会社(Dongwha SFC Housing)を2006年5月に設立し、韓国での新築戸建住宅事業に進出いたしましたが、このたび第1号となるモデルハウスが完成し、3月6日オープンいたしましたのでお知らせいたします。

■売却型モデルハウス
  所在地 ドンベック ニュータウン
(Dongbaek New Town/キョンギドウ ヨンイン市)
*ソウル中心地から南に45Km。車で約50分
    敷地面積 200.2  平方メートル (約64坪)
    延床面積 257.29平方メートル (約78坪 地下、ガレージ含む)
 1階113.10平方メートル
 2階100.26平方メートル
 地下43.93平方メートル
    工法 2×4工法
    特徴 住友林業の住宅商品「MyForest」のデザインをベースに、韓国の生活スタイルに合わせて設計提案。
 
■ニュータウン概要
  所在地 ドンベック ニュータウン
(Dongbaek New Town/キョンギドウ ヨンイン市)
    総面積 330万平方メートル ( 1,001,000py(ピョン) ) 
    区画規模 戸建用地 1,069区画、集合住宅16,754戸
 

 東和SFCハウジング(株)を設立後、2006年8月ソウル市内にショールームを開設、同10月当モデルハウスの着工を開始し、2007年3月オープンに至りました。当社主要商品である「MyForest(マイフォレスト)」のデザインをベースに、木質感あふれる内装・外装を提案します。韓国の生活様式にあわせ、床暖房(オンドル)も提案しています。展示場として使用後売却を予定しており、2棟目の展示場は年内オープンを予定しています。

 韓国の年間住宅着工は50万戸から60万戸で推移しており、このうち高層のマンションが約8割、低層の集合住宅が約1割、残り1割が一戸建て住宅となっており、一戸建ては年間5万戸程度で推移しています。現在、韓国政府は住宅政策について「量的拡大」と「質の向上」の両軸で展開しており、さまざまな住宅供給開発を打ち出しています。

  政府の試算によると年間6万戸の住宅が不足している状況にあり、首都圏では2005年から2010年にかけて6箇所に合計30万戸の大規模な新都市開発を計画・準備中で、すでに公的な団地開発が行われています。戸建住宅用宅地の開発も拡大傾向にあり、一戸建て用宅地供給は拡大することが予想されます。当社は、今後の成長が見込まれる韓国の戸建住宅市場に進出し、「住友林業の家」で培ってきた住宅事業のノウハウ、技術力、アフターサービスなどお客様最優先主義を導入し、独自のビジネスモデルを構築することで、木造住宅メーカーとしていち早くパイオニア的地位の確立をめざします。
韓国モデルハウスオープン
<韓国モデルハウスオープン>

以上

<本件に関するお問い合わせは、下記までお願い致します。>

住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室
TEL:03-3214-2270

企業・IR・CSR情報