ニュースリリース(2010年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2010年1月27日

住友林業オリジナルBF構法採用、市場の変化に対応する賃貸住宅
新商品「BF(ビーエフ)Maison(メゾン)」発売のお知らせ

~ 環境配慮型企画賃貸住宅としてエコポイントも対象に ~

住友林業株式会社(社長:矢野龍 本社:東京都千代田区大手町1丁目3番2号)は、日本初となる当社オリジナルの木質梁勝ちラーメン構造「ビッグフレーム構法」(以下、BF構法)を採用した環境配慮型企画賃貸住宅「BF-Maison」を1月28日より販売しますので、お知らせいたします。「BF-Maison」は、その構造的特長を活かすことで長期安定経営を可能とし、高い耐震性や断熱性、気密性など優れた住宅性能により入居者に安心感と快適性を提供する、BF構法を初めて採用したアパート商品となります。

「BF-Maison」は、収益性が高く見込める木造・木質系アパートの外部片廊下ワンルームタイプにおいて、外部片廊下にBF構法の特長であるキャンティレバー(張り出し)を採用することでコストダウンを実現しております。そのため初期投資となる建築費用の圧縮が可能であり、アパート経営の事業収益性の向上を提案できる商品となっております。また、スケルトン&インフィルの発想の下、市場の変化やライフスタイルの変化に応じ、ワンルームタイプからファミリータイプ、ワンルームタイプから喫茶店や塾などのテナント、賃貸住宅から子世帯用住居など、さまざまなリノベーションが比較的簡易な工事で実現でき、市場ニーズの変化にも柔軟な対応が可能となっております。

アパート市場をとりまく環境は空室率が拡大傾向にあり、超低金利の時代にもかかわらず、長期安定経営の確実性への不安から、資産活用としてのアパート経営を躊躇するオーナーが増加傾向にあります。その要因のひとつとして、長期にわたる安定経営に必要な時代や環境の変化を的確に捉えて対応するために発生する、将来の建替え投資リスクが挙げられます。時代や環境の変化を予測することが難しい中、「BF-Maison」はそうした将来の投資リスクに備えたアパート商品であり、長期にわたる安定経営をオーナーに向け積極的に提案することでシェア拡大を図ります。

■商品概要
  商品名 「BF-Maison(ビーエフ-メゾン)」
  発売日 平成22年1月28日
  販売エリア 首都圏、近畿圏、中京圏、福岡圏
  本体価格 28.15m2×4戸タイプ 27,038千円(税込)~
  構造 ビッグフレーム構法(木質梁勝ちラーメン構造 2階建)
  プラン数 7タイプ21プラン
  初年度販売目標 50棟

以上
≪お問合せ先≫
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 松家・大屋
TEL:03-3214-2270
FAX:03-3214-2272
≪お客様からの商品に関するお問い合わせ先≫
住友林業株式会社
住宅事業本部 フォレストメゾン営業部
TEL:03-3214-3830

企業・IR・CSR情報