ニュースリリース(2013年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2013年4月26日

木の家ならではの居住性を活かし、入居者同士の新たなコミュニケーションを創出
新しい住まい方を提案する住友林業のシェアハウス
「ForestMaison Sharehouse(フォレストメゾン シェアハウス)」新発売

  住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)は、居住ニーズに柔軟に対応できる木造注文住宅で培ったノウハウを活かし、新しい住まい方を提案する賃貸住宅商品「フォレストメゾン シェアハウス」を4月27日より発売しますので、お知らせいたします。

  本商品は、再生可能な自然素材である「木」を活用し、木のぬくもりとやさしさを感じられる戸建感覚の賃貸住宅です。居住ニーズへの柔軟な対応力で、入居者同士の新たなコミュニケーションを広げます。近年、20代から30代のライフスタイルの変化により、急激な成長を遂げるシェアハウスは、賃貸住宅の新たな選択肢になりつつあります。当社が提案するシェアハウスは、入居者同士のコミュニケーションを広げる空間提案を付加価値とするだけでなく、充実の仕様・設備を兼ね備えた、快適で上質な住まいであり、賃貸住宅の新しいラインアップとして、販売体制を強化してまいります。

■商品概要

商品名    ForestMaison Sharehouse(フォレストメゾン シェアハウス)
発売日    2013年4月27日
販売エリア    東京近郊(1都3県:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)
構造    ツーバイフォー構法 / ビッグフレーム構法
本体価格    3.3㎡あたり59.5万円から (税込) 
初年度販売目標    20棟

■商品特徴

  「フォレストメゾン シェアハウス」は、木にこだわり、耐震性や耐火性、断熱性を追求してきた当社の戸建注文住宅のノウハウを十分に活かしながら、入居者への安心・安全、プライバシーを大切にして住まいの新たな価値観を創り出していきます。また、広々としたシステムキッチンや、ゆったりと足を伸ばして入浴できるシステムバスなど、戸建住宅と同等レベルの充実の設備機器を備えた仕様となっています。さらに、水廻りを除いた各室の室内空間は、フロア材を無垢仕様とするなど、高級感あふれるハイグレードな賃貸住宅を提供します。

■販売体制

  当社は、シェアハウス・デザインのエキスパートとして高い評価を受ける株式会社夏水組(社長:坂田 夏水 本社:東京都杉並区)と、コンセプト企画および、入居者募集における豊富な仲介実績を持つ、こひつじ商事株式会社(代表:藤田 毅 本社:東京都杉並区)と業務提携いたしました。また、賃貸総合管理では、住友林業レジデンシャル株式会社(社長:渡部 日出雄 本社:東京都新宿区 住友林業㈱100%出資)が当該物件の一括借り上げを実施。シェアハウスの市場を熟知したパートナーと連携し、当社グループの総合力と高いデザイン力を活かしてオーナーの皆さまに安心と信頼のサポートを提供します。

■シェアハウスの市場環境と当社の参入経緯

  シェアハウス事業者が4都県を中心に実施した調査によると、シェアハウスの棟数は累計400棟を超え、約7,000ベッドが提供されており、2005年と比べて約2倍に増加しています(出典:「シェア住居白書2008」 データ協力:「オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産)」。また、内閣府の調査では「仮に、今後、住宅を建てたり、買ったりする場合、どんな住宅を選びたいか」という質問に対して80.7%の方が「木造住宅」と回答していることから(出典:内閣府「森林と生活に関する世論調査(平成23年12月調査)」)、当社の注文住宅事業で培ったノウハウを活かして市場参入することにより、当該賃貸居住者の将来的な戸建建築ニーズにおける木の住まいのファン層形成を目指します。
  世帯数推移によると、単身世帯は2005年で1,446万世帯にのぼり、総人口の割合からみて3軒に1軒は単身世帯になります。さらに今後、2015年以降は世帯数が減少するにもかかわらず、単身世帯は1,824万世帯へと増加傾向を示していることから(「国立社会保障・人工問題研究所」の調べによる)、特に首都圏においては、高い世代の割合が増加し、それに伴ったハイグレード・シェアハウスへのニーズの高まりも予想されます。

  

以上

《本件に関するお問い合わせ先》
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 大西・佐藤
TEL 03-3214-2270

《商品に関するお問い合わせ先》
住宅事業本部 フォレストメゾン営業部
TEL:03-3214-3830

企業・IR・CSR情報