基本的な考え方

住友林業グループでは、「住友林業グループ調達方針」に基づき、責任ある調達を進めています。これまで、国産材、植林木、森林認証材を「持続可能な木材」として木材調達を推進してきましたが、中期経営計画サステナビリティ編では、農地などに転換された森林からの木材の取り扱い中止など、より一層持続可能な木材・建材を社会に普及させていきます。

ページの先頭へ戻る

環境配慮型合板「きこりんプライウッド」の販売促進

住友林業では、2020年までに合板など、木質ボードの輸入商品の調達のうち、植林木・認証材を使用した製品の割合を目標設定し、その拡販に努めています。植林木やFSC認証またはPEFC認証を受けた森林の木材を製品の50%以上使用している合板は、「きこりんプライウッド」として販売し、その売上の一部は、インドネシアで実施している植林事業に投入しています。植林木を50%以上使用した環境配慮型商品である点が評価され、2018年9月12日に第1回エコプロアワード奨励賞を受賞しました。2018年度には当社が販売する合板製品数量の9.1%を占め、約50,541m³を販売しました。2020年度には約5倍の年間240,000m³に拡大し、環境保全に貢献していきます。

※ 一般社団法人産業環境管理協会が主催。エコプロダクツに関する情報を需要者サイドに広く伝えるとともに、それらの供給者である企業等の取り組みを支援することで、日本のエコプロダクツのさらなる開発・普及を図ることを目的に2004年度創設。2018年度にこれまでの「エコプロダクツ大賞」をリニューアルし、新たに「エコプロアワード」となる

きこりんプライウッド

きこりんプライウッド

エコプロアワード

目標と実績

「きこりんプライウッド」販売実績

2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
31,900m³ 28,100m³ 30,200m³ 46,255m³ 50,541m³

ページの先頭へ戻る

国産材の輸出

中国をはじめとする新興国での経済発展や人口増加により、海外における木材需要は増加が見込まれています。そうした中で、日本からの木材輸出も近年増加傾向にあり、中期経営計画サステナビリティ編では、2021年度の国産材原木の輸出量を262千m³と目標設定し、国産材の海外における市場開拓を進めています。

2018年度は、中国の旺盛な需要に応えるべく、九州を中心とした既存輸出港からの輸出量を増やすとともに、九州以外の新規港の開拓及び輸出を開始することで、前期比で33.3%増となる160千m³の国産材を輸出しました。

2018年度木材建材流通事業売上高内訳(単体)

木建流通売上高内訳

ページの先頭へ戻る

企業・IR・CSR情報