住宅事業における製品安全・品質管理に関する基本方針

住友林業では、「社会的資産」となる長寿命で高品質な住宅を普及させることが、豊かな社会づくりのために重要な役割であると考えています。こうした考えのもと、住宅事業においては「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が2009年6月に施行されたことを機に、2009年度に製品安全・品質管理に関する基本方針を策定しました。

 

住宅事業の製品安全・品質管理に関する基本方針

  • 安心して住むことができる建物の基本性能の向上
  • ライフスタイルの変化に応じて住まいを楽しむことができる空間の可変性の向上
  • 長期にわたる維持管理をサポートするメンテナンスプログラムの充実
  • 現場不具合情報の把握と迅速な対処方法の情報共有

住友林業は、耐震性・耐久性・断熱性能の向上、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)やユニバーサルデザインの推進、維持管理の容易さ、防犯性能・防火性能の向上など、さまざまな面から住宅の性能を高めることで、お客様が永く安心・快適に暮らせる住まいを提供しています。

設計性能評価

お客様の安心・安全、そして資産価値向上につなげるために、住宅性能表示制度※1の利用を積極的に推進しています。 2017年度における住宅性能表示制度の実施率※2は、設計性能評価で98.9%、建設性能評価で97.9%となり、長期優良住宅の認定取得率は93.3%となりました。

※1 住宅性能表示制度:お客様が客観的に住宅の品質・性能を判断できるよう、第三者機関が設計時の「設計性能評価」と建設完了時の「建設性能評価」を提供するしくみ。評価項目は「構造の安定」「火災時の安全」「劣化の軽減」「温熱環境」など10分野

※2 住宅・建築事業本部における増改築を含む戸建住宅の全着工棟数に対する申請数比率(2017年4月1日~2018年3月31日の設計・建設性能評価申請が対象)

住宅性能表示制度の実施率

2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
設計性能評価 100.6% 97.7% 98.6% 98.8% 98.9%
建設性能評価 95.4% 94.9% 97.3% 97.8% 97.9%

※ 設計性能評価について、2014年度までは、期中の「着工棟数」に対する期中の「設計性能評価取得数(期中に着工しなかった物件を含む)」の割合としていたが、2015年度以降は、期中の「着工棟数」に対する「着工した物件における設計性能評価取得数」の割合とした

ページの先頭へ戻る

長期優良住宅認定

住友林業では、「住友林業の家」の標準仕様として、「長期優良住宅※1」の認定条件※2を全て最高等級(「住宅性能表示制度」の評価を適用)でクリアすることを設定しています。商品開発から施工、アフターサポートに至る製品安全・品質管理体制を確立することで、高品質でトータルバランスに優れた住まいを提供しています。

※1 長期優良住宅:ストック型社会の実現に貢献する住宅の普及を目的にした国土交通省が定める長寿命住宅の認定制度

※2 戸建住宅では住宅性能表示制度に基づき、耐久性、耐震性、メンテナンス性、省エネルギー性などを評価

長期優良住宅認定取得率

2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
長期優良住宅認定取得率 90.7% 91.2% 92.7% 93.3% 93.3%

長期優良住宅の基準と「住友林業の家」の標準性能

認定の種別 認定の条件 住友林業の家の標準性能
耐久性 長持ちする家であること 劣化対策等級 3
定期的な点検を可能とする措置
最高等級 3 に対応
耐震性 地震に強い家であること 耐震等級 2 以上 最高等級 3 に対応
メンテナンス性 メンテナンスしやすい家であること 維持管理対策等級 3 最高等級 3 に対応
省エネルギー性 省エネな家であること 断熱等性能等級 4 最高等級 4 に対応

※ 等級の数字が大きくなるほど評価は高くなる

製品安全・品質管理のしくみ

  • 消費者ニーズやオーナーアンケートをもとに、新たな技術や部材、住宅商品、ライフスタイル提案などを開発する
  • 住宅・建築事業本部と筑波研究所が共同で実証棟実験や試作品検証を行い、保証内容に至るまでお客様の声を活かした商品づくりを推進

商品開発

専属の設計士が担当

専属の設計士が担当

  • 契約時と実施設計段階において、独自システムを使用して意匠・構造をチェック

設計

  • 全ての資材について毎月1回実施する「部材採用会議」でデザインレビューを実施。筑波研究所と部材採用会議が定めた採用基準・品質基準をクリアしていることを部材ごとに確認
  • 2カ月に1回開催する「品質向上委員会」において、新規採用部材に関する情報を共有するとともに、既存採用部材の改善策を討議。2017年度は3件のテーマについて、進捗状況を報告・討議

資材調達

施工管理

施工管理

  • 独自の現場管理システムによって、各建物の施工情報、工程管理、品質管理、安全管理の最新情報を一元的に管理・共有
  • 基礎・構造・木工事完了・竣工など各現場作業者、協力施工業者管理者、工事監理者が、工事現場においてチェックポイントを検査し、施工管理記録書によって検査管理を実施。さらに、検査・管理状況を本部検査部門がチェック

施工

定期点検

定期点検

  • 住宅のお引渡し後25年間にわたって定期点検を実施。30年目からは10年ごとの有料点検により、大切な住まいを長持ちさせるために長期にわたってサポート
  • リフォームを含むメンテナンス提案、メンテナンス履歴管理などを通じてお客様をサポートする「60年までの定期点検システム」を構築

アフターサポート


リフォーム

  • 耐震補強などに使用するオリジナル部材は筑波研究所で性能や信頼性を検証。さらに、一般財団法人日本建築防災協会の技術評価を取得することで、「耐震改修」の促進を図る
  • また住友林業ホームテック株式会社は、2017年度に「全旅連」に入会し、ホテル・旅館のリフォームに注力している

※ 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会。全国の旅館・ホテル営業について衛生施設の改善と維持向上、および経営の安定等を促進するための団体

旅館リフォーム前

旅館リフォーム前

リフォーム後

リフォーム後

リノベーション

  • 住宅の耐震性や劣化状況を診断するため、建設当時の設計図書を確認し、構造審査や鉄筋確認、コンクリート強度測定などの検査を第三者調査機関と連携して実施。検査結果に基づき、適切な大規模修繕工事を行うことで建物の長寿命化を図るとともに、販売時に検査結果・工事内容を全て開示
  • 独自の保証書発行、「あんしん既存住宅売買瑕疵保険」の付保、お引渡し後1年目の定期巡回など、サポート体制を整備
リノベーション中

リノベーション中

リノベーション後

リノベーション後

  • 住友林業と熊谷組が業務・資本提携したことにより、それぞれのグループ会社である住友林業ホームテック株式会社とケーアンドイー株式会社がコラボレーションを進めている。当社は木を活かした内装のリニューアル、ケーアンドイーはゼネコンの総合力を活かした外装などの建築のリニューアルを担当。建物全てのリニューアルができることで、建物の資産価値を高めていく

ページの先頭へ戻る

耐震住宅 ~K型筋かい・RGSパネルを開発~

「K型筋かい(筋かいパネル)」本耐力壁は厚み24mmの構造用合板を用い、厚み75mmのグラスウール断熱材を納めることが可能です。軽量であるため施工性も良く、本工法は、一般財団法人日本建築防災協会の技術評価を取得しています(標準タイプの壁基準耐力6.0KN/m²)。

「リフォーム向けGSパネル(RGSパネル)」は、左右に分けたパネル(厚24mmの構造用合板)の縦接合部に、高剛性・高減衰ゴムを挟んだ特殊金物で接合したパネルを設置し、変形を抑える耐震壁とする工法です。さらに施工性を向上させるためにパネルは上下にも分けられるようにしています。本工法は、一般財団法人日本建築防災協会の技術評価を取得しています(壁基準耐力6.1KN/m²)。

RGSパネル

RGSパネル

ページの先頭へ戻る

BF構法

住友林業では、2005年2月に3階建て商品として「BF(ビッグフレーム)構法」の販売を開始し、2009年10月には2階建商品、2015年4月に4階建てが可能な耐火仕様商品に展開しています。その後、お客様の災害などに対する意識向上から、さらに進化を遂げて高い耐震性を強みとしてきたBF構法が顧客ニーズとマッチし、今では当社の主力商品となっています。

高層ビルにも用いられるラーメン構造を、木造住宅において日本で初めて木質梁勝ちラーメン構造として実現したのが、住友林業オリジナルのBF構法です。

ラーメン構造は柱と梁を強固に一体化する剛接合により、地震や風といった横からの力に抵抗する構造です。BF構法では一般的な105㎜角の柱の約5本分に相当する560㎜幅の大断面集成柱「ビッグコラム」と、構造材に埋め込まれ、金属相互の接合による「メタルタッチ接合」の組合せにより、堅牢なラーメン構造を実現しています。

ビッグコラムは「メタルタッチ接合」により梁や基礎が強固に接合され、壁倍率22.4(倍/m)相当の許容水平力を発揮。耐震性を確保しながら、大空間・大開口を両立することができます。

また、オリジナル技術を様々に展開・応用することで、さらに多彩な設計条件への対応を可能とします。接合金物を2倍にした「ツインボルトコラム(壁倍率33.6倍/m相当)」やビッグコラムを2本重ねて配置した「ダブルビッグコラム(壁倍率44.8倍/m相当)」により制約の多い土地でも間取りの自由度が高まり、開放感が広がります。さらに、大スパン梁「プレストレストティンバー梁」により複数台のビルトインガレージや大空間のリビング、併用住宅等での設計自由度が高まります。

住友林業ではBF構法の構造躯体はもちろん、実物大の検証モデルで振動実験を行ない、万一の大地震を想定した耐震性能を検証しています。

BF構法の3階建て実物大の検証モデルでは、東日本大震災と同等の最大加速度2,699galの揺れを余裕をもってクリア。阪神・淡路大震災(最大加速度818gal)の3.3倍の揺れにも耐え抜き、巨大地震への強さを実証しました。さらに、東日本大震災の震度7を2回、阪神・淡路大震災の震度7を20回、合計22回加振するという過酷な実験にもねばり強さを発揮。さらに、巨大地震と強い余震が繰り返し発生することも想定し、合計246回の加振を実施。震度4から6弱、そして震度7という厳しい加振の繰り返しにも、構造躯体の耐震性が維持され続けることが確認されています。

このように、BF構法は安心感をもたらす強靭な構造と、気持ちよい広々とした空間を可能にする設計の自由度でお客様のニーズにお応えします。

一般的な柱の5倍以上の幅をもつ強靭なビッグコラム

一般的な柱の5倍以上の幅をもつ強靭なビッグコラム

金属相互の接合「メタルタッチ接合」により堅牢なラーメン構造を実現

金属相互の接合「メタルタッチ接合」により堅牢なラーメン構造を実現

ページの先頭へ戻る

ユニバーサルデザインの推進

住友林業では、住まう方の安全性を高めるための取り組みとして、業界に先駆け引き戸や開き戸といった全ての室内建具にソフトクローザーを設置しています。また、居室やホールまわりの内壁出隅部、腰壁出隅部をR形状の仕様とするとともに、フロアに段差をつくらないオールフラット化を標準仕様にしています。将来的に車いすや介助が必要となる場合を想定し、介助車いすが使用できる780mmの廊下幅を標準仕様とし、玄関へのスロープやホームエレベーターの設置など、自由設計によりお客様の要望に柔軟に対応しています。

さらに室内と段差の無いルーフバルコニーや、ヒートショックやハウスダストを軽減し温度差の無い快適な空間を実現する全館空調システム「エアドリームハイブリッド」、住友林業ならではの木質内装と間接照明による眠りに適した室内環境で睡眠改善効果をもたらす快適な寝室空間など、さまざまなお客様のニーズにお応えできるような住まいのデザインに力を入れています。

ページの先頭へ戻る

企業・IR・CSR情報