製造事業

製造事業におけるバリューチェーン

商品開発・
原材料調達

住友林業グループでは、お客様のニーズにお応えするため、デザインだけでなく、原材料の特性を活かした商品開発を進めています。素板・ボード事業では、ファルカタやバルサなどの軽量な植林木を使用した軽量合板・ボードの開発、建材・木工事業では素材の木質感を活かしたフロア材・建具などの建材商品開発を行っています。また製造事業では、原材料を無駄なく使う取り組みをしています。

関連する社会課題

世界の森林は、違法伐採や過度な焼畑農業などによって減少を続けており、持続可能な木材調達は重要な課題となっています。

当社グループでは、「持続可能性と生物多様性に配慮した木材・資材調達の継続」に向け、植林木や認証材といった合法で持続可能性の高い原材料を調達しています。

関連するCSR取り組み

製造

国際的な品質マネジメントシステムであるISO9001の運用や、JIS・JASの要求品質以上の規格にて管理することにより、高品質な製品を製造するだけにとどまらず、より安全性の高い製品づくりにも取り組んでいます。

各製造工場で多くの社員が働いており、労働安全衛生環境を整えることは、当社グループの責務であり、常に災害ゼロを目標としています。また製造工程において、省エネ・省資源化・リサイクルにも力を入れています。

関連する社会課題

製造事業では、①安心・安全な製品の製造・販売、②働きやすい職場環境づくり、③環境負荷低減を図ることが重要です。当社グループでは、「安心・安全で環境に配慮した製品・サービスの開発・販売の推進」に向けて、お客様からのフィードバックを大切にし、安心・安全な製品を製造します。

「多様な人財が能力と個性を活かし、いきいきと働くことができる職場環境づくりの推進」では、製造工場での安全対策の充実、労働環境の改善を進め、安心・安全に働ける環境を整えています。また、「事業活動における環境負荷低減の推進」のため、温室効果ガスの排出量削減やリサイクル率の向上に取り組んでいます。

関連するCSR取り組み

デリバリー

加工・生産された製品は、日本だけでなく世界各国に出荷・販売されています。

製品梱包の見直しによるごみの削減、配送方法の見直しによるお客様の受け取りやすさ、温室効果ガスの削減など、継続的に改善を進めています。

関連する社会課題

出荷・商品販売にあたっては、コンプライアンス遵守の観点から、各国でのルールを遵守した商取引を行っています。また、輸送に伴う温室効果ガス排出量削減のために、いかに効率的な配送を行うかが社会課題となっています。当社グループでは、「事業活動における環境負荷低減の推進」のために、積載効率の向上や建築資材の配送の帰り便を利用した廃棄物輸送など温室効果ガスの排出量削減やリサイクル率の向上に取り組んでいます。

関連するCSR取り組み

ページの先頭へ戻る

企業・IR・CSR情報