住友林業グループは、グローバルに事業を展開する企業としてSDGsを支持し、事業活動およびCSR重要課題との関連性を考慮したさまざまな活動を通じて貢献していきます。

SDGsへの賛同

2015年、国連総会において「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)が採択されました。より良い国際社会の実現を目指して2000年に採択され、2015年を達成期限としたミレニアム開発目標(Millennium Development Goals: MDGs)の成果を土台としながら、SDGsは、新興国だけではなく先進国などあらゆる国と地域が、貧困や不平等、教育、環境など、17の目標と169のターゲットの達成を目指すものです。

住友林業グループは、グローバルに事業を展開する企業としてこの目標を支持し、住友林業グループのCSR重要課題との関連性を考慮したさまざまな活動を中心に貢献していきます。

推進体制

住友林業グループでは2018年度よりESG推進委員会を新設し、SDGs達成に貢献する事業戦略を織り込んだCSR中期計画の進捗管理を行っています。

※ ESG推進委員会については「コーポレートガバナンス」へ掲載しています。

ページの先頭へ戻る

SDGsとグループCSR重要課題

SDGs グループCSR重要課題と基本戦略 具体的ターゲット例と取り組み
持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs) 3.すべての人に健康と福祉を 重要課題3>公平な雇用・処遇の推進
重要課題5>安全・品質の向上
ハイライト3:生物多様性の保全
(ターゲット3.8)
持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs) 5.ジェンダー平等を実現しよう 重要課題3>公平な雇用・処遇の推進 ハイライト6:働き方改革の推進
(ターゲット5.1)
持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs) 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに 重要課題2>低炭素社会 ハイライト5:再生可能エネルギー
(ターゲット7.2)
持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)8.働きがいも経済成長も 重要課題3>公平な雇用・処遇の推進 ハイライト6:働き方改革の推進
(ターゲット8.5)
持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)11.住み続けられるまちづくりを 重要課題2>低炭素社会
重要課題2>循環型社会
重要課題5>安全・品質の向上
ハイライト3:生物多様性の保全
(ターゲット11.3)
持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)12.つくる責任 つかう責任 重要課題1>環境共生社会
重要課題2>低炭素社会
重要課題2>循環型社会
重要課題5>安全・品質の向上
ハイライト4:責任ある木材調達
(ターゲット12.2)
持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)13.気候変動に具体的な対策を 重要課題1>環境共生社会
重要課題2>低炭素社会
ハイライト1:気候変動への対応
(ターゲット13.1)
持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)15.陸の豊かさも守ろう 重要課題1>環境共生社会
重要課題2>低炭素社会
ハイライト4:責任ある木材調達
(ターゲット15.2)

ページの先頭へ戻る

SDGsの理解促進

住友林業グループでは、グループCSR重要課題とCSR中期計画を通じたSDGs達成への貢献を整理するとともに、e-ラーニングやワークショップ形式の研修などを実施してSDGsへの理解促進を図ってきました。 2018年度は、各事業本部や研究所にて事業や技術を通じたSDGs達成への貢献を検討し、具体的な目標の策定を目指します。

ページの先頭へ戻る

企業・IR・CSR情報