国内グループ会社の環境データ

環境影響度の大きい国内製造会社および発電事業所について、会社別、工場別の環境負荷情報を報告しています。

住友林業クレスト

項目(単位) 鹿島工場 静岡工場 新居浜工場 伊万里工場 小計
エネルギー投入量(GJ) 34,059 26,964 27,132 14,961 113,116
原材料投入量(t) 8,675 33,872 5,301 8,128 55,976
水資源使用量(m³)
  上水 3,628 4,147 3,603 165 11,543
主な水源地 湖沼-霞ヶ浦北浦(保護地域:一部、水郷筑波国定公園) 地下水-大井川流域 - 貯水池 -
工業用水 - - - 147,730 147,730
主な水源地 - - 地下水(新居浜市水道局) 河川-有田川流域(一部、黒髪山鳥獣保護区) -
温室効果ガス排出量(t-CO2
  二酸化炭素(CO2 1,304 1,194 1,824 857 5,179
メタン(CH4 10.2 4.9 4.2 - 19.3
一酸化二窒素 (N2O) 2.4 0.5 0.4 - 3.3
廃棄物排出量(t) 2,427 2,050 1,011 274 5,761
排水量(m³)
  下水道 2,468 0 3,603 0 6,071
海域 0 0 0 129,722 129,722
河川 0 4,147 0 0 4,147
湖沼 0 0 0 0 0
大気への排出量(kg)
  硫黄酸化物(SOx) - - 563第三者保証マーク 1,308第三者保証マーク 1,871
窒素酸化物(NOx) - - 908第三者保証マーク - 908
ばいじん - - 51 - 51

※ メタンと一酸化二窒素は二酸化炭素に換算して算出

住友林業緑化株式会社 農産事業部(旧:スミリン農産工業)

項目(単位) 飛島工場 新城工場 小計
エネルギー投入量(GJ) 2,211 5,184 7,395
原材料投入量(t) 13,796 5,462 19,258
水資源使用量(m³)
  上水 574 481 1,055
主な水源地 河川-木曽川流域(保護地域該当なし) 河川-豊川系統の県水 -
工業用水 - - -
主な水源地 - 井戸水 -
温室効果ガス排出量(t-CO2
  二酸化炭素(CO2 128 329 457
メタン(CH4 - - -
一酸化二窒素 (N2O) - - -
廃棄物排出量(t) 41 18 60
排水量(m³)
  下水道 0 0 0
海域 0 0 0
河川 573 481 1,054
湖沼 0 0 0
大気への排出量(kg)
  硫黄酸化物(SOx) - 48第三者保証マーク 48
窒素酸化物(NOx) - 728第三者保証マーク 728
ばいじん - 0 -

※ メタンと一酸化二窒素は二酸化炭素に換算して算出

発電事業所

項目(単位) 紋別バイオマス発電 八戸バイオマス発電 オホーツクバイオエナジー ジャパンバイオエナジー みちのくバイオエナジー 小計
エネルギー投入量(GJ) 5,361,506 1,620,991 17,693 10,495 6,973 7,017,657
原材料投入量(t) 3,820 990 126,872 59,949 58,647 250,278
水資源使用量(m³)
  上水 1,043,205 8,741 180 6,485 192 1,058,803
主な水源地 渚滑川水系 白山水系白山配水池 渚滑川水系 相模湖、相模川水系、宮ヶ瀬ダム 白山水系白山配水池 -
工業用水 - 322,256 - - - 322,256
主な水源地 - 馬渕川 - - - -
温室効果ガス排出量(t-CO2
  二酸化炭素(CO2 87,573 171 1,159 221 475 89,599
メタン(CH4 5,991 2,562 - - - 8,553
一酸化二窒素 (N2O) 86,011 26,044 - - - 112,054
廃棄物排出量(t) 12,743 2,282 1 665 - 15,691
排水量(m³)
  下水道 415,536 - 122 - - 415,658
海域 - 89,305 - - - 89,305
河川 - - - - - -
湖沼 - - - - - -
大気への排出量(kg)
  硫黄酸化物(SOx) 152,906第三者保証マーク 267第三者保証マーク - - - 153,173
窒素酸化物(NOx) 269,575第三者保証マーク 71,096第三者保証マーク - - - 340,671
ばいじん 1,491 0 - - - 1,491

※ メタンと一酸化二窒素は二酸化炭素に換算して算出

国内全工場合計

項目(単位) 合計
エネルギー投入量(GJ) 7,141,450
原材料投入量(t) 325,512
水資源使用量(m³)
  上水 1,071,400.5
主な水源地 上記表記とおり
工業用水 469,986
主な水源地 上記表記とおり
温室効果ガス排出量(t-CO2
  二酸化炭素(CO2 96,083
メタン(CH4 8,572
一酸化二窒素 (N2O) 89,750
廃棄物排出量(t) 21,746
排水量(m³)
  下水道 429,246
海域 219,027
河川 5,201
湖沼 0
大気への排出量(kg)
  硫黄酸化物(SOx) 155,092
窒素酸化物(NOx) 342,307
ばいじん 1,542

※ メタンと一酸化二窒素は二酸化炭素に換算して算出

ページの先頭へ戻る

海外グループ会社の環境データ

環境影響度の大きい海外製造会社について、会社別の環境負荷情報を報告しています。

海外製造会社(1/2)

項目(単位) リンバ・パーティクル・インドネシア(RPI) アスト・インドネシア(ASTI) クタイ・ティンバー・インドネシア(KTI)
エネルギー投入量(GJ) 528,761 86,243 1,374,285
原材料投入量(t) 102,618 43,990 559,203
水資源使用量(m³)
  上水 - 604 -
工業用水 - 34,495 275,099
地下水 57,690 - 114,203
温室効果ガス排出量(t-CO2
  二酸化炭素(CO2 19,211 6,288 48,075
メタン(CH4 473 - 1,283
一酸化二窒素 (N2O) 44 - 120
廃棄物排出量(t) 24,030 3,760 69,891
排水量(m³)
  下水道 0 2,529 0
海域 0 0 8,521
河川 54,837 0 0

※ メタンと一酸化二窒素は二酸化炭素に換算して算出

海外製造会社(2/2)

項目(単位) ネルソン・パイン・インダストリーズ(NPIL) ヴィナ・エコ・ボード(VECO) キャニオンクリーク(CCC) 合計
エネルギー投入量(GJ) 1,864,281 398,485 66,801 4,318,857
原材料投入量(t) 773,607 195,788 9,187 1,684,393
水資源使用量(m³)
  上水 368,540 101,998 3,998 475,140
工業用水 - - - 309,594
地下水 - - - 174,310
温室効果ガス排出量(t-CO2
  二酸化炭素(CO2 13,241 15,224 3,204 105,243
メタン(CH4 1,394 125 - 3,275
一酸化二窒素 (N2O) 256 12 - 432
廃棄物排出量(t) 117,674 24,928 - 240,283
排水量(m³)
  下水道 323,140 29,580 3,998 359,247
海域 0 0 0 8,521
河川 0 0 0 54,837

※ メタンと一酸化二窒素は二酸化炭素に換算して算出

ページの先頭へ戻る

環境会計2018年度の集計結果

住友林業では、環境経営を推進していくために、環境保全コストならびに環境保全効果、経済効果を集計し公表しています。

※ 集計範囲は住友林業単体と一部グループ会社を含む

環境保全コスト

コストの分類 主な取り組みの内容 費用額
(百万円)
事業エリア内
コスト
地球環境保全コスト※1 持続可能な森林の育成 695
環境ビジネス
(海外コンサルティング、REDD+関連事業など)
123
カーボンオフセットの実施 25
資源循環コスト※2 産業廃棄物の適正処理・削減・リサイクル推進 6,384
廃木材チップの流通事業運営 266
浄水場沈殿土のリサイクル培養土事業 287
上・下流コスト※3 グリーン購入 25
管理活動コスト※4 環境管理活動の運営・推進
(ISO14001運用、環境教育、LCA調査など)
187
環境負荷の監視 1
環境情報の開示及び運用
(CSRレポート、環境関連広告、環境関連展示など)
20
研究開発コスト※5 研究開発活動のうち環境保全に関する要件 838
社会活動コスト※6 「まなびの森」管理・運営 21
「フォレスターハウス」管理・運営 8
その他社会貢献活動 3
経団連自然保護基金への寄付 2
合計 8,887

※1 地球環境保全コスト:持続可能な森林育成のための社有林保全管理にかかる経費、環境ビジネスにかかる国内外の経費、カーボンオフセット実施のための海外植林費用を算出

※2 資源循環コスト:廃木材流通事業の運営、建設廃棄物の分別・リサイクル・適正処理・収集運搬・管理、リサイクル培養土事業にかかる経費を算出

※3 上・下流コスト:グリーン購入にかかる経費を算出

※4 管理活動コスト:ISO14001認証維持に関する事務局経費及び審査費用、環境関連広告、環境関連展示、サステナビリティレポートなど環境情報の開示にかかる費用、環境教育、LCA調査、環境負荷の監視などに関わる費用を算出

※5 研究開発コスト:筑波研究所で実施している環境関連テーマの研究にかかる経費を算出

※6 社会活動コスト:富士山「まなびの森」自然林復元活動運営、「フォレスターハウス」の維持管理・運営、その他社会貢献活動にかかる経費及び経団連自然保護基金への寄付金を算出。経団連自然保護協議会が委託する経団連自然保護基金への資金支援を実施

環境保全効果

効果の分類 効果の内容 効果
事業エリア内コストに対する効果 流通事業による廃木材リサイクル量(チップ換算) 1,009千m³
浄水場沈殿土のリサイクル培養土の販売量 15千トン
上・下流コストに対する効果 グリーン購入率 66.0%
管理活動コストに対する効果 内部環境監査員取得者 217名
研究開発コストに対する効果 「長興山しだれ桜」のクローン苗木「仙姫桜」栽培に成功
各地で大切に受け継がれてきた名木を保護・増殖することで街づくりや文化の継承に寄与
-
生物多様性に配慮した「フォレストガーデン秦野」
戸建住宅団地で第一号のABINC(エイビンク)認証
-
飛島建設(株)・住友林業(株)・ミサワホーム(株)の3社で共同開発 木材を活用した地盤補強工法として日本建築センター初の評定を取得 -
苫小牧バイオマス発電所が営業開始
地元の未利用木材で約10,000世帯分の電力を供給
-
八戸バイオマス発電株式会社が営業運転開始
地元の林地未利用材で約27,000世帯分の電力を供給
-
路網設計支援ソフト『FRD』発売
より良い道づくりの効率化を支援し、林業活性化に寄与
-
社会活動コストに対する効果 富士山「まなびの森」でのボランティア活動参加人数 169名
富士山「まなびの森」環境学習支援プロジェクト参加児童人数 957名
「フォレスターハウス」来場者数 2,141名
住友林業グループCSRレポート2018
第22回環境コミュニケーション大賞で「生物多様性報告特別優良賞」受賞
-

ページの先頭へ戻る

企業・IR・CSR情報