水資源の有効利用

事業活動における節水

世界では今、水不足に対する危機感が増しています。今後、人口増加や途上国の経済成長によって水需要が高まることにより、この問題はますます深刻化することが予想されます。

住友林業グループの主要事業は、木材建材流通事業、住宅事業などであり、水の使用量が多いビジネスモデルではありません。しかしながら、水を重要な資源とする事業も展開しており、そうした事業を中心に、水使用量を削減し、リスクアセスメントの実施や問題が発生した場合の対応策の検討を行う方針としています。

住友林業グループでは、国内外の製造会社に加え、2012年度からは当社グループが所有する建物など、水使用量の実数測定が可能な拠点で水の使用量や水源も把握しています。2017年度は、2016年度のグループ会社全体の水使用量を分析し、連結売上高の7.2%にあたる8社のグループ会社で水使用量の91.8%を占めていることがわかりました。そこで、この8社を水の重点管理会社と位置付け、まず、国内の5社で水使用に関するリスクアセスメントと水不足になった場合の具体的な対応策をまとめました。また、海外3社に関しても、水使用の実態把握を開始しました。

日本国内の当社グループ全体における2017年度の水使用量目標値は、1.19%削減でしたが、実績は0.1%削減に終わりました(新規事業の増加による影響を除く)。2018年度は、本格稼動から間もないバイオマス発電事業を除く日本国内グループ全体の目標値を、2.50%削減として取り組みます。なお、国内工場・発電事業部門他における2016年度、2017年度の増加要因の多くは、バイオマス発電所2ヶ所の新規稼動と新規事業の買収によるものです。

住友林業では、サプライチェーンにおける水使用量を把握するため、2015年度、住宅施工現場で協力会社が使用するの水使用量のサンプリング調査を実施し、施工時の水使用量は床面積1m²あたり約0.0887m³であることがわかりました。

住友林業グループ会社の水使用量推移※1第三者保証マーク

国内オフィス部門他
(単位:m³)
国内工場・発電事業部門他
(単位:m³)
海外工場
(単位:m³)
合計
(単位:m³)
2015年度 2016年度 2017年度 2015年度 2016年度 2017年度 2017年度 2017年度
上水道 170,117 80,052 72,622 17,612 114,028 1,258,275 460,026 1,790,923
地下水 3,438 0※2 0 124 0※2 9,688 174,966 184,654
工業用水 120,306 131,206 119,236 166,444 717,998 262,781 296,613 678,630
合計 293,861 211,258 191,858 184,180 832,026※3 1,530,744※3 931,605 2,654,207

※1 対象は当社グループが所有する建物など、水使用量の把握が可能な拠点

※2 2015年度までは、水源を地下水とする水道局から購入した水などについて地下水で計上していた。2016年度から、一般的開示に基づき、水道局から購入した水などについては全て上水道に計上した

※3 集計区分の変更により、2016年度の工業用水の一部数値を2017年度の上水道に計上した

住友林業クレストの取り組み

合成樹脂接着剤などを製造している住友林業クレストの伊万里工場では、工業用水を製造設備の冷却に使用したあと、工場排水の希釈に再利用するなど、水使用量削減のため主に3つの施策を推進しています。

排水のCOD測定

排水のCOD測定

住友林業クレスト伊万里工場の節水施策

  1. 設備洗浄水の一部を回収し、原材料水として再利用する。
  2. 雨水回収用ポンプの増強などで雨水の利用率を向上させる。
  3. COD自動測定装置による水質管理を実施し、必要最低限の希釈水で排水処理を行う。

※ 化学的酸素要求量のこと。水中の被酸化性物質を酸化するために必要とする酸素量を示したもので、代表的な水質の指標の一つ

関連イニシアチブへの参画

2017年度より、住友林業グループは、「CDPウォーター」の質問書に回答し、より詳しい水関連リスクへの取り組み内容等を公表しています。

ページの先頭へ戻る

企業・IR・CSR情報