forestia 一社 CLASSY

最終住戸306号室

2020年9月11日

いつもフォレスティア一社クラッシィをご覧いただき、ありがとうございます。

おかげさまでフォレスティア一社クラッシィは販売最後のお部屋であります306号室を残すのみとなりました。

こちらの306号室ですが、最上階の東南角部屋というポテンシャルを最大限に活かしたお部屋作りをしております。

今回はその306号室の特徴を一部ご紹介いたします。

①天井が高い
306号室は最上階となっており、リノベーション工事の際に出来るだけ天井を高くしたいと考え作られたお部屋です。
また、天井にはレッドシダーという木を貼っており、見た目も癒されます。
こちらのレッドシダーは経年で色が変化していきますので、日々の生活の中で一緒に年を重ねていく楽しみができますね。

②ウォルナットの突き板フロア
こちらはイクタというメーカーの銘木シリーズを使用しております。
突き板でありながら無垢床のような風合いのフローリングで、シックなウォルナットとの相性がとても良いです。
思わず素足で生活したくなるような質感ですよ。

③眺望
最上階の3階ということもあり、お部屋からの眺望に優れています。
また、南面が道路ですので建造物がなく、日当たりや風通しも良く、快適な生活が送れます。

さらに今なら、最終住戸ということでモデル家具付きでの販売となっておりますので、大変お得です。

この機会に是非ご検討いただけますと幸いです。

皆様からのお問合せお待ちしております。

前の記事 次の記事

来 場 予 約 資 料 請 求