わたしの家

みんなのいえ かぞくのへや

2020/09/11 更新

ベランピングを盛り上げる料理! 自宅でアウトドア気分を楽しむコツ

ベランピングを盛り上げる料理! 自宅でアウトドア気分を楽しむコツ

キャンプやバーベキューなどアウトドアレジャーを、もっと気軽に楽しみたい…。そんなときは、自宅で「ベランピング」をしてみましょう! ちょっとした工夫をすれば、お庭やベランダで素敵なアウトドア気分を満喫できます。

この記事をシェアする

手軽で便利な「ベランピング」の魅力!

手軽で便利な「ベランピング」の魅力!

「ベランピング」をご存知ですか? ベランピングとは、「ベランダ」とちょっと贅沢なキャンプを意味する「グランピング」を掛け合わせた造語です。

共働きで忙しい、子どもが小さくて遠出が難しい、ペットを置いていけない、アウトドア初心者だから不安...という方でも、失敗なく手軽にキャンプの雰囲気を楽しめます。

初めてのベランピングをみんなで楽しむために、ベランピングを盛り上げるグッズや、ピッタリの料理、また注意すべきポイントをご紹介します!

ベランピングの「料理」は調理器具や食器で盛り上げよう!

ベランピングの「料理」は調理器具や食器で盛り上げよう!

キャンプ場では炭火や直火で調理をしますが、ベランダでは火気の使用や煙やニオイの出る調理はNG。基本的な調理はキッチンで済ませましょう。調理方法や食器などを工夫すれば、十分アウトドアの雰囲気を出せます。

ダッチオーブンやスキレットで豪快に

キャンプ料理によく登場する鋳鉄製の鍋「ダッチオーブン」。最近はIH対応の製品もあり、家庭料理にもよく使われるようになりました。また、同じく鋳鉄製の小振りなフライパン「スキレット」も、アウトドアの雰囲気にピッタリです。鍋ごとドーン! と豪快に出しましょう。

ステンレス・アルミの食器でテンションアップ

お皿やカップ、カトラリー類もアウトドア用を使用しましょう。いつもと同じ味付けでも、ステンレスやアルミの食器でいただくだけで、なんだか味わいが違います。

最近では100円ショップでもアウトドア用の食器を取り扱っているので、まずは手頃なところから始めてください。軽く、落としても割れないので、小さな子どもがいる家庭でも安心して使えます。

レジャーシートで汚れ防止

床には、ピクニックでも使用するレジャーシートを敷いておきましょう。直接座ることができ、またベランダの汚れ防止にもなります。寒いときは膝かけやクッションを用意してください。

生活感を隠して雰囲気を出す

ベランダには、洗濯物干しや物置など、生活感あふれる雑多なものがある場合は目に入らないところに片付けましょう。隠しきれないものは観葉植物やフェイクグリーンを置いたりカバーをするなどして、できるだけ目につかないようにしておくのがオススメです。

「低い」目線で

レジャーシートの上に座ってピクニックの雰囲気を出したり、ローテーブルやクッション、キャンプ用の折りたたみチェアを使用したりと、できるだけ地面に近い「低い」目線を意識してみましょう。目線を下げると圧迫感が減り、空間を広く感じられます。

ベランピングを盛り上げるコツはこちらの記事でもご紹介していますので、あわせてご確認ください。

【関連コンテンツ】

キャンプ道具をインテリアに! アウトドアギアは収納せずに普段使いを

ウッドデッキで庭と室内がつながる「テラスリビング」のある暮らし

庭で! ベランダで! 秋を感じるランタンナイト

ベランピングにオススメのメニュー

ベランピングにオススメのメニュー

キャンプ気分を盛り上げてくれる料理のポイントは、「丸ごと」「豪快」「手づかみOK」。ベランピングにピッタリのメニューをいくつかご紹介します。

ダッチオーブンでローストチキン

ダッチオーブン料理の定番と言えば、なんと言ってもローストチキン。野菜類も丸ごとゴロッと入れましょう! 鍋ごと出してベランダで取り分ければ、テンションアップ間違いなし。

丸ごと魚介のパエリア

エビやムール貝などを丸ごと入れたパエリアは、海辺のキャンプ場気分が味わえます。見た目も華やかなので、子どもにも大人気です。

おにぎり&サンドイッチ

そのまま手づかみで食べるのがアウトドアの醍醐味。定番のおにぎりやサンドイッチをバスケットに詰めて、ピクニック気分を盛り上げましょう。

缶詰をそのまま!

缶詰を開けてそのまま直接食べる...。普段の食卓ではあまりやりませんが、ベランダならそれもアリ! 普段はあまり見かけない珍しい缶詰や、ちょっと贅沢な缶詰をこの機会に試してみるのも楽しいですね。

ベランピングで気を付けたいポイント! 「目隠し」や「雨対策」で快適に

誰でも手軽に始められるベランピングですが、いくつかの注意が必要です。特にマンションなどの集合住宅や住宅密集地では、音やニオイ、煙などがご近所の迷惑になることもありますので、十分に注意しましょう。

日焼け・雨対策

陽射しが強くて日焼けをしてしまった、急な雨で濡れた、などということがないように、パラソルやタープを設置しましょう。大きめの布を物干し竿に引っ掛けてシェード(オーニング)代わりにしても良いでしょう。

煙・ニオイ・火気対策

ベランダで調理をするのであれば、無煙ロースターなど煙の出ない器具を使用しましょう。コンロの周囲には難燃シートを敷くなどの火気対策も必要です。

騒音対策

キャンプ場の気分になってつい大声ではしゃいでしまうと、ご近所の迷惑になります。また早朝や夜間は、小さな話し声でも響きます。迷惑にならない時間帯を選んで、常に周囲への配慮を心がけましょう。

ちょっとした手間と工夫で、アウトドアの雰囲気を手軽に味わえるベランピング。小さな子どもやペットも一緒に楽しめ、キャンプ初心者でも安心です。あまり難しく考えずに、まずはベランダでコーヒーを飲むところからスタートしてみましょう!

矢印

家でアウトドアの雰囲気を楽しみたい方には、ウッドデッキや広いテラスもおすすめです。庭と空と部屋が近い、テラススタイルの暮らしに興味がある方は、ぜひ「GRAND LIFE Terrace Style」をご覧ください。

住友林業カタログ「GRAND LIFE Terrace Style」テラスリビング

住友林業カタログ「GRAND LIFE Terrace Style」テラスリビングで手軽にアウトドアライフ

住友林業カタログ「GRAND LIFE Terrace Style」表紙

カタログ無料プレゼント♪

カタログ請求

この記事をシェアする

おすすめの記事 Recommended Articles

もっと見る

カテゴリ一覧

  • 暮らしのおかたづけ
  • わたしらしさを楽しむ家づくり
  • みんなのいえかぞくのへや
  • ステキに子育てLIFE

ページトップへ