海外事業

世界各地で進行する環境問題や建材、住宅需要の高まりに対応するため、木を活かしたサステナブルな事業をアジア、北米、オセアニアなど海外でも展開しています。

“森のちから”を活かしたサステナブルなビジネスモデルを、世界へ

大切に育てた木で木材・建材を生産し、家をつくる。伐採した後に再び木を植え、豊かな森林を維持する。再生可能な資源である木を活かした、住友林業独自のサステナブルなビジネスモデルは世界各地で顕在化しつつある社会・環境課題に貢献する可能性を秘めています。住友林業は、「製造事業」「住宅・不動産事業」の各事業を海外でも展開し、世界各地のニーズに応える新たな価値を提供しています。

海外での取り組み

東南アジアでの取り組み

東南アジアでの取り組み

新興国を中心に高まる木材・建材需要に応えるために、東南アジアの製造拠点では、様々な木質建材を生産し、世界各地に供給していきます。


東アジアでの取り組み

東アジアでの取り組み

中国では経済発展を背景に木材・建材市場が急拡大し、住宅需要も急増しつつあります。住友林業は、東アジアにおける体制の増強とマーケット開拓を推進し、高まる木材・建材、住宅需要に応えていきます。


オセアニアでの取り組み

オセアニアでの取り組み

移民政策による人口急増を背景に、住宅市場が急拡大を続けるオーストラリア。住友林業は、現地住宅メーカーとの提携により、住宅市場に参入。高度な建築ノウハウと、安定した供給能力を兼ね備えた住宅メーカーとして、事業を拡大していきます。


北米での取り組み

北米での取り組み

世界最大の木造住宅市場として、安定的な成長が期待できる北米地域。現在、住友林業グループは米国ワシントン州及びテキサス州、アリゾナ州を拠点に住宅事業を展開。各エリアの文化、住まい方を的確に把握し需要に見合った住宅を提供していきます。

その他グループ会社のご紹介

グループ会社一覧

グループ会社一覧

さまざまな事業展開を通して住友林業グループとしての総合力を発揮します。

企業・IR・CSR情報