東南アジアでの取り組み

東南アジア地図

新興国で高まる木材・建材需要に応えるために生産能力を増強

ヴィナ・エコ・ボード(ベトナム)

住友林業のグループ会社KTI社は、インドネシアで最も長い歴史をもつ外資系の合板製造企業です。合板工場と建材工場、パ-ティクルボード(PB)工場を併設し、世界各国にさまざまな木質建材を供給しています。また、RPI社は、廃木材を原料に、高品質なパーティクルボード(PB)を製造する独自の技術を確立し、高いシェアを確保しています。また、アスト・インドネシア(ASTI)社では楽器、木工関連などの最終製品をOEM生産しています。2009年には、木質内装材の製造・販売事業を行うシナール・リンバ・パシフィック(SRP)社を設立しました。さらに、同国で培ったノウハウを活かして、2010年にはベトナムにPB製造会社ヴィナ・エコ・ボード(VECO)社を設立し、さらなる生産能力の増強に努めています。

※OEM:Original Equipment Manufacturingの略称。他社ブランドの製品を製造すること。

企業・IR・CSR情報