東アジアでの取り組み

東アジア地図

中国の人々の住まいのニーズに応える商品の開発・提供に注力

揚州の木造一戸建て分譲住宅

大連ITSの設計体制

現在、中国では経済発展を背景とした生活水準の向上にともない、住宅需要が急増しています。住友林業は、中国における住関連事業への本格参入を図るため、2004年にツーバイフォー工法の住宅事業を行う現地企業に資本参加しました。派爾剛木製品(上海)有限公司では、上海近郊を中心に一戸建て住宅やマンション及びオフィスの内装、設計・施工を行い、中国の住まいづくりをトータルにサポートしています。
また、大連住林信息技術服務有限公司(大連ITS)では、CAD設計など日本国内の住宅事業関連の一部の業務を行っています。2012年に設立した住友林業(上海)商貿有限公司では、住宅事業拡大に向け、中国国内のグループ会社の体制整備を進めています。

企業・IR・CSR情報