4つの事例<

敷地や住まい方に合わせて

二世帯3階建て

3階建てという
選択から生まれた、
二世帯住宅のほどよい距離感。

一緒に生活を楽しみたいけれど、
適度な距離感も大切にしたい。
そんな二世帯住宅ならではの悩みに、
3階建てという解決方法があります。
1階を親世帯スペース、上階を子世帯スペースに。
お互い行き来しやすく、
プライバシーにも配慮したプランをご提案します。

空を感じる広々としたルーフバルコニーは、ホームパーティーやガーデニングの場として活躍します。
2階には子世帯リビング・ダイニングを配置。親世帯と一緒に食事を楽しむときにもゆとりある広さです。
階段の上り下りがなく、移動の負担の少ない1階は、親世帯のフロアとして設計。生活時間帯のズレにも配慮し、玄関は2つ設けて独立させています。

敷地要件

建築面積 79.49㎡(24.04坪) 1階床面積 66.24㎡(20.03坪) 2階床面積 69.23㎡(20.94坪)
3階床面積 46.04㎡(13.92坪) 延床面積 181.51㎡(54.89坪)

実例をこちらでご覧になれます。

二世帯住宅は相続税対策にも有効。
将来の賃貸経営も可能です。

二世帯住宅は、相続時の「土地評価額」が下がるため、相続税対策にもなります。また、将来的に賃貸併用住宅に変更しやすい住まいです。

もっと詳しく知りたい方へ

「プラウディオ」をもっと知りたい方へ
カタログをお届けしています。
お気軽にカタログをご請求ください。

カタログを請求