わたしの家

わたしらしさを楽しむ家づくり

2018/05/25 更新

コンパクトでおしゃれ、単身・2人暮らしにもあう平屋

コンパクトでおしゃれ、単身・2人暮らしにもあう平屋

生活空間をワンフロアで構成する平屋は開放感があり、階段がない分、移動もスムーズ。最近ではコンパクトでおしゃれなデザインの平屋も出てきて、単身者や夫婦2人暮らしの世帯からの人気も高まっています。少人数家族で平屋をプランニングする場合のポイントを紹介します。

この記事をシェアする

ミニマルライフにもピッタリ、平屋のメリット

ミニマルライフにもピッタリ、平屋のメリット

平屋はもともとシニア世帯に人気の高い住まいです。階段がなくバリアフリーであること、庭への移動も含めて平面で解決するため、掃除や洗濯などの家事における負担が減ることなどが主な理由でした。

近年は少人数構成世帯の増加やミニマルな暮らしを好む若者が増えてきていることから、若い世帯向けのコンパクトでハイセンスな平屋が増えてきています。平屋は階段に向かう動線を必要としないため、間取りを自由にとれるのが特徴。大空間をいかしたリビングや高い天井など、ライフスタイルに合った住まいをつくりやすいのもメリットの1つです。また、一般的に平屋は2階建てや3階建てに比べて屋根の面積が大きくなるので、太陽光パネルをたくさん設置することができ、効率的に自然エネルギーを利用して暮らすこともできます。

床の段差を活用して広めの屋根裏やビルトインガレージも作れる

床の段差を活用して広めの屋根裏やビルトインガレージも作れる

一口に平屋といっても間取りはさまざま。平屋の形状は暮らし方に合わせた4つのタイプがあります。

・建物を東西の横に配置するI型

・東南方向に庭を設けて光を入れるL型

・都市部などで通風・採光とプライバシー確保を両立するコ型

・家の中心(リビング等)から各部屋までの動線を短く配置するロ型

近年ではリビングを広く取る間取りが人気です。さらに床の段差を有効活用して広めの屋根裏をつくったり、下段を車庫にしてビルトインガレージを設けたりすることもできます。

広めの屋根裏は、収納スペースとして活用するだけでなく、ゲストルームや将来家族が増えた場合の個室として使用することもできます。ライフスタイルや希望に合わせてバリエーション豊かに住まいの設計ができるのも魅力です。

あらかじめ2階の増築を考慮した設計が可能

あらかじめ2階の増築を考慮した設計が可能

通常の平屋の構造は、主に屋根荷重を計算しているため、2階を積み増しした際に下階にかかる荷重は考慮されていませんが、あらかじめ2階の間取りを想定した構造計算を行い、柱や壁を設置する平屋の設計もあります。このように2階部分の増築を見越しておけば、将来結婚、出産、二世帯同居といった変化があった場合にも、大がかりな工事なしで増改築しやすくなります。

さまざまな生き方を選ぶ人が増えてきた近年では、住まいにもこだわりを持つ人が増えてきています。住友林業では、単身、夫婦2人、二世帯同居など、あらゆる家族構成に合わせた平屋を提案しています。平屋の暮らしに興味のある方は、カタログ「GRAND LIFE」をご覧ください。

カタログ請求

この記事をシェアする

関連キーワード

おすすめの記事 Recommended Articles

もっと見る

カテゴリ一覧

  • 暮らしのおかたづけ
  • わたしらしさを楽しむ家づくり
  • みんなのいえかぞくのへや
  • ステキに子育てLIFE

ページトップへ