わたしの家

暮らしのおかたづけ

2016/05/27 更新

クローゼットの気になる湿気をスッキリ!

クローゼットの気になる湿気をスッキリ!

「水を使っていないのになぜ湿気?」と思うかもしれませんが、クローゼットや押入れは湿気の住みかです。湿気が溜まったクローゼットに入れっぱなしの服、ふとんは、カビや虫食いで使えなくなることも。梅雨対策に、クローゼットの除湿を考えてみましょう。

この記事をシェアする

湿気をまとった服、どう収納したらいい?

湿気をまとった服、どう収納したらいい?

季節にあった服やアウターがアイテムごとにキレイに並び、ひと目見てその日のコーディネートが決められるクローゼット、便利ですよね。ウォークインクローゼットは、収納スペースがたっぷりで全身が映る大きめの鏡もつけられ、着替えもしやすい機能的なスペース。まさに「わたしの衣装部屋」になります。

しかし、これからの季節で気になるのが布にまとわりつく湿気。高温多湿の日本では、一年を通して家のあちこちに湿気対策が必要ですが、水を使っていないはずのクローゼット、そして押し入れも、実は湿気の「隠れた住みか」です。湿気の多い日に身につけていた服は、外気の湿気に加えて汗や皮脂を吸ったウエットな状態です。コートはもちろん、ジャケットなどのアウターはそのまましまわず、ハンガーにかけてエアコンや除湿機の風で湿気を飛ばしてからクローゼットへ。撥水加工されたコートは布で水分を拭き取ってからしまいましょう。

春夏に活躍するコットンや麻は通気性が良く湿気に強い素材ですが、ナマ乾きの状態だとカビやニオイの原因になります。こまめに洗濯して皮脂や汗を落とし、しっかり乾燥させてから、風が通るようにハンガーがけで収納しましょう。

実は湿気や虫に弱い! あの高級素材

実は湿気や虫に弱い! あの高級素材

冬の間に活躍してくれたウールやカシミヤの服も、しまう際には要注意です。クリーニングの後はビニールシートから出し、防虫・除湿のシートに変えておきましょう。コットンや麻に比べ、ウールやカシミヤは湿気に弱いのが特徴です。収納は風が通りやすく湿気のこもらない場所に。マフラーやストールは直接肌につける物なので皮脂の汚れをとるため、毎年のクリーニングが理想ですが、お家で洗う場合も防虫剤を入れ、クローゼットの上段のできるだけ床から離れた場所にしまいます。家の湿気は天井部よりも床に溜まりがち。とくに、日が当たらず通気性の悪いクローゼットや押し入れの下段は湿気がたまりやすいのです。押し入れやベッドマットの下にスノコを置くのは、この床からの湿気対策です。

もうひとつのデリケート素材といえば、シルク。手入れに手間がかかること、汗をかくことを考えると日常使いの服としては敬遠されがちですが、肌触りの良さや光沢など他にはない高級な素材で、スカーフやフォーマルなドレスはシルク素材のものが少なくありません。ただ、こちらも虫と湿気には極めて弱いのです。正絹の着物は天気のいい日に日陰で風を通し、虫干しして桐タンスに保管――昔からこう伝えられてきたのは、虫や湿気対策のためだったんですね。和服を含めたシルク素材は、ウール・カシミヤと同じように、天井に近いクローゼット上段の湿気の少ない場所に収納しましょう。

家に通る風をクローゼットにも

家に通る風をクローゼットにも

梅雨の季節は、クローゼット(タンス)内部も家と同じように湿気を滞留させないのがポイント。扉付きのクローゼット、布団を入れっぱなしの押し入れは天気のいい日に、いちど中のものをすべて取り出し、風を通して日光を入れるようにしましょう。ウォークインクローゼットなど窓がなく、日も風も入らない場所は、除湿機を使ってスペースごと乾かすようにします。

憧れのウォークインクローゼットを取り入れる際は、洗面台や寝室からの動線、通気や採光のための窓、収納する物と分量、そして湿気対策と十分にプランを練ってから決めたいですね。湿気の多い日本では、服や着物の保管はとにかく除湿が重要です。質のいい服ほど上手に収納し、長く着たいですね。

いい物を長く大切に使って丁寧に暮らす、そんなライフスタイルをご希望の方に、住友林業では家を建てる前の収納についてのアドバイスをさせていただきます。カタログ「セイリスト」では、毎日使う収納スペースをご家族やライフスタイルに合わせてご提案しています。ぜひ参考にしてみてください。

カタログ請求

この記事をシェアする

おすすめの記事 Recommended Articles

もっと見る

カテゴリ一覧

  • 暮らしのおかたづけ
  • わたしらしさを楽しむ家づくり
  • みんなのいえかぞくのへや
  • ステキに子育てLIFE

ページトップへ