わたしの家

わたしらしさを楽しむ家づくり

2016/12/16 更新

年末から備えよう! 正月太りを防ぐ生活習慣

年末から備えよう! 正月太りを防ぐ生活習慣

クリスマスにお正月と、冬は食べ過ぎる機会が多く、太りやすい季節。一方で、夏よりも基礎代謝がアップするため、ダイエットには最適の時期でもあるのです。体を温める食生活や適度な運動など、無理なく健康的なダイエットにトライしてみましょう。

この記事をシェアする

冬がダイエットに最適なのはなぜ?

冬がダイエットに最適なのはなぜ?

クリスマスや忘年会、さらにはお正月! 年末年始の冬シーズンはついつい食べ過ぎてしまう行事がたくさんあります。寒くて汗をかくイメージもないので、冬は太りやすく痩せにくい季節という印象を持つ人が多いのではないでしょうか? しかしそれは大きな誤解。実は冬は夏よりも痩せやすく、ダイエットに最適なシーズンなのです。

人はそもそも特別な運動をしなくても、睡眠や食事、仕事や家事などの普通の生活をすることで常にカロリーは消費されます。それを「基礎代謝」といいますが、基礎代謝が高まるのは夏よりもむしろ冬。なぜなら、基礎代謝は人間の体温を一定に保つ働きも担っているため、気温が低い冬になると体温を上げるためにより多くの働きが必要となるのです。逆に夏の場合は気温が高いので体温を上げる働きが少なくなり、基礎代謝量は低くなります。

体温を1度上げるだけで基礎代謝が○%アップ

体温を1度上げるだけで基礎代謝が○%アップ

ただ、冬に基礎代謝がアップするからといって、年末年始などに消費エネルギー以上のカロリーを摂取してしまえば太ってしまうのは避けられません。基礎代謝をさらにアップさせるために意識したいのは、体を温めること。体温が1度上がると、基礎代謝は12%アップすると言われているからです。

そこでオススメなのが鍋料理をはじめ、ショウガ、ネギといった体を温める食べ物を積極的に摂取すること。そのほかにも大根、白菜、かぶ、水菜といった冬野菜も体を温める効果が期待できるので、日々の献立に積極的に取り入れるといいでしょう。逆に体を冷やすと言われるトマト、キュウリ、ゴーヤ、ナスといった夏野菜は、今の時期にはあまりおすすめしません。やはり旬のものを食べるのが、体には一番いいようです。

※出典:農林水産省「知っているかな?!やさい・野菜・Vegetables」(参照2016-12-16)

ダイエット継続の秘訣はリビングにあり!?

ダイエット継続の秘訣はリビングにあり!?

基礎代謝力がアップする冬の寒い季節に運動をすると、さらなるダイエット効果も期待できます。外でのジョギングやウォーキングといった有酸素運動が効果的ですが、小さい子どもがいるママは、なかなかそんな時間が確保できないもの。そういう時は家でできるエクササイズはいかがでしょうか? 近年はバランスボールや反発タイプの腹筋マシン、開脚タイプの脚やせマシンなど、さまざまなダイエット器具が登場しています。エクササイズをして効果的にダイエットしたいところですが、問題なのは器具の設置でスペースがとられてしまうこと。リビングに置きっぱなしだと狭くなるし、しまい込むと、出すのがおっくうになってタンスの肥やしになりがちです。そこで、ダイエット器具や日用品がしまえる収納をリビングにつながる空間に充実させるのがおすすめ。リビングをすっきり広々とさせることで、エクササイズをすることもできるでしょう。気が向いたらいつでも運動ができる環境を整えることで、ダイエットも長続きしそうですね。

住友林業のカタログ「seilist」では、散らかりがちなリビングをはじめ、キッチンや玄関をスッキリ見せる収納のコツを掲載しています。ぜひご覧になってみてください。

カタログ請求

この記事をシェアする

関連キーワード

おすすめの記事 Recommended Articles

もっと見る

カテゴリ一覧

  • 暮らしのおかたづけ
  • わたしらしさを楽しむ家づくり
  • みんなのいえかぞくのへや
  • ステキに子育てLIFE

ページトップへ