わたしの家

わたしらしさを楽しむ家づくり

2019/10/11 更新

フラットな暮らしを楽しもう!平屋を選ぶ5つの理由

フラットな暮らしを楽しもう!平屋を選ぶ5つの理由

平屋は、バリアフリーを意識するシニア世代だけでなく、オシャレでコンパクトな「シンプルライフ」「ミニマルライフ」を楽しむ若い世代にも人気が高まっています。 今、あえて平屋を選ぶ5つのメリットをご紹介します。

この記事をシェアする

全国の一戸建てのうち、平屋の割合は12.8%

総務省の平成30年住宅・土地統計調査によると、全国の一戸建のうち1階建の割合は全体の12.8%。全体的にみてとても高い数字という訳ではありませんが、一定の割合で平屋を選ぶ方がいます。

住友林業が扱う一戸建ての中でも、ここ5年で平屋の割合が2倍近くに増えています。

では、どのような理由で平屋が選ばれるのでしょうか?

平屋の持つ代表的なメリットを5つご紹介します。

■メリットその1:コミュニケーションが取りやすい

コミュニケーションが取りやすい

小さな子どもがいる家庭では、フラットな空間の方が離れた場所にいても目が届きやすくなります。またお互いに忙しくてすれ違いがちな家族も、共有スペースの多い平屋であれば、自然とコミュニケーションの機会が増えます。

■メリットその2:家事の動線がスムーズ

家事の動線がスムーズ

平屋は、1階の洗濯機から取り出した洗濯物を2階のベランダに干したり、掃除機を持って階段を上り下りしたり、重い荷物を玄関から2階の部屋に運んだり...といったことはありません。段差のない、フラットな空間は、様々な家事の動線をスムーズにしてくれます。もちろん、人気のロボット掃除機だってスイスイと移動できます。

■メリットその3:スペースの有効活用

一般的に2階建て住宅の場合、階段スペースが上下階合わせて4~5畳必要だとされています。平屋であれば階段スペースや、階段につながる廊下の面積を減らせるため、スペースの有効活用が可能です。

<無駄なく使える平屋の有効面積>

無駄なく使える平屋の有効面積

■メリットその4:バリアフリーで安心

バリアフリーで安心

段差のない平屋は、よちよち歩きの乳児から走り回ることの多い幼児、車椅子ユーザー、そしてつまずきやすい高齢者まで、幅広い世代の人が安心して過ごせます。

東京消防庁の調査によると、平成25年から平成29年までの高齢者(65歳以上)の事故のうち、ころぶ事故は8割以上。そのうち56.3%が住宅等居住場所で発生しているそうです。事故リスクを軽減するためにも、段差のない平屋を選ぶ方が増えています。

■メリットその5:台風や地震に強い

GRAND LIFE P19

建物によって違いはあるので、全てとは言い切れませんが、一般的に2階建て住宅よりも構造的に安定している平屋は、強風や地震による揺れに強く、自然災害による被害を少なく抑えられます。

平屋のメリットや魅力については、こちらの記事もご覧ください。

①静かなブーム! 「フラットハウス=平屋」の魅力って?

静かなブーム! 「フラットハウス=平屋」の魅力って?

>詳細はこちら

②おしゃれな暮らしがかなう? フラットハウス(平屋)が人気のワケ

おしゃれな暮らしがかなう? フラットハウス(平屋)が人気のワケ

>詳細はこちら

③コンパクトでおしゃれ、単身・2人暮らしにもあう平屋

コンパクトでおしゃれ、単身・2人暮らしにもあう平屋

>詳細はこちら

■平屋のデメリットは?

もちろん、平屋にもいくつかのデメリットはあります。

最も多くの方が不安に感じるのは、「外部から侵入しやすいのでは?」という防犯上の不安です。

しかし、2階建てだからといって、侵入者がいなくなるわけではありません。安全性の高い建具を使用したり、通路に向けてセンサーライトを設置したり、外周部に砂利を使用したり、といった様々な工夫で、住宅の防犯性を高めることができます。

住宅の防犯性については、こちらの記事もご覧ください。

大切な家族を守るために!家の防犯対策を見直そう

矢印

家族構成やライフスタイルに合わせて選ぶ住まい。平屋での生活に魅力を感じた方は、ぜひ「GRAND LIFE」(平屋)をご覧ください。

「GRAND LIFE」(平屋)

「GRAND LIFE」(平屋)

「GRAND LIFE」(平屋)

カタログ無料プレゼント♪

カタログ請求

この記事をシェアする

おすすめの記事 Recommended Articles

もっと見る

カテゴリ一覧

  • 暮らしのおかたづけ
  • わたしらしさを楽しむ家づくり
  • みんなのいえかぞくのへや
  • ステキに子育てLIFE

ページトップへ