わたしの家

ステキに子育てLIFE

2018/02/23 更新

子どもの野菜嫌いを克服! ホットケーキミックスで作る「野菜おやつ」

子どもの野菜嫌いを克服! ホットケーキミックスで作る「野菜おやつ」

子どもの成長にかかせない栄養が豊富な野菜ですが、子どもの野菜嫌いに悩んでいるママも多いのではないでしょうか。そんな時にぜひ試してほしいのが、野菜を使った手作りおやつです。ホットケーキミックスなどを使って手軽に楽しめる野菜おやつのアイデアを紹介します。

この記事をシェアする

すりおろした野菜を入れるだけでOK! 野菜ホットケーキ

すりおろした野菜を入れるだけでOK! 野菜ホットケーキ

野菜が嫌いな子はもちろん、育ち盛りの子どもの補食にぴったりな「野菜おやつ」。ホットケーキミックスを使って簡単に作ることができます。

シンプルなのは、ホットケーキに野菜を加えるだけのもの。おすすめはニンジンです。通常のホットケーキのレシピにすりおろしたニンジンを加えて混ぜると、オレンジ色でやさしい甘味になり、野菜嫌いの子どもでもおいしく食べられるはず。すりおろすことで、野菜に含まれている酵素が増える効果もあります。酵素や栄養素は皮の近くに多くあるので、農薬を使用していない野菜なら、皮はむかずにすりおろしましょう。プラスチック製のおろし金ではなく、金属製の鋭利なおろし金ですりおろすと、さらに酵素を増やせます。

また、牛乳の代わりにトマトジュースでホットケーキを作ればトマトホットケーキに。ほんのりピンク色になり、フルーティな味わいと、牛乳で作るよりも、モチモチとした食感が楽しめます。チーズやバナナなどを入れてみてもよいでしょう。

野菜入りスコーンやクッキー、ケーキもおすすめ

野菜入りスコーンやクッキー、ケーキもおすすめ

スコーンやクッキーもホットケーキミックスで簡単に作れます。ホットケーキミックスにバターやサラダ油などの油分を加えて、オーブンで焼くだけ。分量はホットケーキミックス200gにつきバターなら30g、サラダ油なら大さじ3が目安です。ホットケーキ同様、ニンジンのすりおろしやカボチャなどの野菜を入れれば、野菜スコーンやクッキーの出来上がりです。

そのほか、ホットケーキの生地を炊飯器で炊き上げて、ケーキのように仕上げる方法もあります。かなり厚みが出るので、カボチャやサツマイモなど、大きめの野菜をゴロゴロ入れてもおいしく食べられるでしょう。生地を入れる際は、炊飯器の中に油を塗っておくとこびりつきが防げます。

揚げても、揚げなくてもおいしい! 野菜チップス

揚げても、揚げなくてもおいしい! 野菜チップス

ホットケーキミックス以外にも野菜おやつは作れます。たとえば、スライスした野菜を素揚げした野菜チップス。ジャガイモはもちろん、レンコンやニンジン、カボチャ、ゴボウなどの根菜類もおいしいです。夏ならゴーヤをチップスにするのもよいでしょう。

素揚げする際のポイントは、スライスした野菜を水にさらし、揚げるときに水分をキッチンペーパーでよくふき取ること。野菜は油の温度が低いうちに入れ、170度程度でパリパリになるまでじっくり揚げます。

ノンフライにしたければ、電子レンジを活用しましょう。まず、野菜をスライスし、水にさらします。キッチンペーパーで水分をよくふき取ったら、キッチンペーパーを敷いたターンテーブルに並べて加熱。500wで5分を目安にして、水分が抜けたら完成です。厚みなどにより水分が抜けない場合は、ひっくり返して加熱してもいいでしょう。

わたしの家では他にも野菜をおいしく食べる方法を紹介しています。「洗って、切って、干すだけ! 簡単でおいしい「干し野菜」を作ろう」では、余った野菜を簡単に干し野菜にする方法を紹介。うまみが凝縮された干し野菜に興味がある方は、ぜひチェックしてくださいね。

この記事をシェアする

関連キーワード

おすすめの記事 Recommended Articles

もっと見る

カテゴリ一覧

  • 暮らしのおかたづけ
  • わたしらしさを楽しむ家づくり
  • みんなのいえかぞくのへや
  • ステキに子育てLIFE

ページトップへ