住友林業のNEW ZEH STYLE

  • resilience
  • health
  • economy

「経済的なゆとり」「心と身体にやさしい健康的な暮らし」「防災のための備え」。
木の特性を生かす技術に先進テクノロジーの力を加え、
快適さと心地よさを提供する、住友林業の「NEW ZEH STYLE」が叶えます。

ZEH×BF構法が生み出すメリット

※防災拠点同等の耐震性能(耐震等級3同等)
※BF構法は住友林業オリジナル構造です

住友林業のNEW ZEH STYLE

ZEH×BF構法が生み出すメリット

経済的メリット

エネルギーを賢く活用

太陽光発電でつくった電力を自宅で活用。
元々断熱性の高い木の住まいに、適切な断熱材と高断熱サッシ、高効率な設備機器を組み合わせ、優れた省エネ性能を実現。夏の日射熱、冬の冷気の侵入が抑えられ、エネルギーを効率的につかうことができます。

経済的メリット

長持ちする耐久性能

長く住める家には耐久性が不可欠。住友林業の「LS30」は長期居住を見越した上質な外観デザインと強さを備える外装仕様。しかも竣工から30年目までに必要なメンテナンス費は、一般住宅が約355万円なのに対し、約20万円※と大幅に低減できます。※住友林業モデルプラン(115㎡)で試算

健康的メリット

高断熱で1年を通して快適な空間

住友林業の家は厚い断熱材を隙間なく充填して快適な空間を実現。熱の逃げやすい窓には高機能の断熱ガラスを採用し、夏の日射熱、冬の冷気の侵入を抑制。
室内の温度差が少なくなり、高血圧やヒートショック対策の効果も期待できます。

健康的メリット

心と身体にやさしい木の家

メンタル、フィジカル両面にさまざまなメリットをもたらす木の家。住友林業筑波研究所の調査では、木質空間は感情をコントロールできてストレスがたまりにくい、高い熟睡感や脳のリラックス効果を得やすいなどの効果があることがわかっています。

防災的メリット

水・電気を確保して自宅で避難

大災害に遭っても頑強なBF構法の住まいなら、避難所には行かず自宅にとどまる避難生活が現実的な選択肢に。自宅での被災生活中、大切な水、電気の確保は太陽光発電システムや、エネファーム、蓄電池システムなどがサポート。

防災的メリット

頼れる耐震性能

地震大国と呼ばれる日本。住まいを購入する際には大切な家族を守るために耐震性能を気にされる方も多いでしょう。BF構法は3階建ての実物大モデルで、東日本大震災クラスを超える揺れをクリア。頼もしい耐震性能を備えています。

※この情報は2020年3月時点のものです