住友林業グループ

  • ブランドメッセージ
  • 木と私たちの仕事
  • 住友林業グループについて
  • CM・メディア
  • 住友林業TOP

森林大国である日本の木を価値ある資源へ。
多くの課題の解決に向けて「木」の可能性を追求します。

日本の山では、戦後に植林された苗木が50年を経過し伐期を迎えていますが、伐採や搬出などの面で課題があり、それらの木々が充分に活用されているとは言えないのが現状です。住友林業グループは、林業の活性化に向けたコンサルティング事業で全国各地の取組みを支援。国産材の輸出や木材・建材への加工を推進することは、地域の林産業を活性化し雇用創出や地方創生にもつながります。建築分野では住宅のみならず、教育・福祉・商業などの各種施設を木でつくる事業を積極的に推進。エネルギー分野においてもバイオマス発電の燃料として活用するなど、木に関わる様々な事業を通じ日本の未来と地球環境の未来を見つめています。

  • 国内山林

    苗木の生産・育成から林業の機械化・ICT化まで、山林ごとに異なる特性に合わせた様々なコンサルティングを行っています。

  • 木材輸出

    需要が高まるアジアを中心に国産材の輸出を推進し、日本の森で大切に育てられた木の価値を世界へ届けています。

  • 木材・建材の供給

    市場のニーズを的確に捉え、国産材の特性を最大限に活かした高品質な製材品や木質建材を供給しています。

  • 住宅建築

    最先端の技術のもと、国産材を使用し、構造材や部材を開発。設計の自由度を確保しながら強靭な構造躯体を造りあげています。

  • 中大規模木造建築

    耐震性・耐火性など木材の高性能化を図り、非住宅建築における木造化・木質化の普及を推進する「木化事業」を展開しています。

  • 木質バイオマス発電

    国内林地の未利用木材や間伐材、都市部の建築廃材を木質チップにして、貴重なエネルギー資源として活用しています。


日本の木の価値を高め、大切な資源として活用するために。

植え、育て、活用し、また植える。木は、循環型の資源です。
持続可能な社会づくりに貢献しながら、森や木が本来持っている価値を最大限に引き出します。

木と生きる幸福。住友林業グループ