IR基本方針・免責

IR基本方針

住友林業は投資判断に必要な情報を適時、公平、継続して提供することで、市場から適切な企業価値評価を受けることを目指します。 また、誠実な対応と積極的なコミュニケーションを通して資本市場との信頼関係を築き、経営判断に役立つ市場の意見や情報を社内で共有することで業績の向上を目指します。

情報開示の考え方

  • 経営の透明性を高めるため、またCSR(企業の社会的責任)の観点から、会社法や金融商品取引法など各種法令・規制等により開示が必要とされる情報のみならず、株主・投資家に対して社会的に開示することが有用と判断される事項について積極的に迅速且つ公平な形で開示します。
  • 資本市場を始め様々なステークホルダーとのコミュニケーションを通して、集まった情報や意見を経営に反映させることで、経営の改善に努めます。

免責事項

  • このウェブサイトは株主・投資家の皆さまに当社をご理解いただくことを目的としており、当社の株式の購入、売却など、投資を勧誘するものではありません。
  • このウェブサイトに掲載された計画や予想数値は掲載日現在において入手可能な情報をもとにしており、実際の業績は今後の様々な要因により予想と大きく異なる可能性があります。
  • 掲載内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の誤りやデータのダウンロード等によって生じた障害等に関して、当社は一切責任を負うものではありません。ウェブサイトからリンクが設定されている他のウェブサイトの情報に関し、いかなる保証をするものではありません。

企業・IR・CSR情報