歴史・沿革

住友林業のサステナビリティ「保続林業」の原点がここに。

永続的に植林と木材生産を繰り返す。「保続林業」のきっかけとなった上申書[1894年(明治27年)作成]。土木課長”本荘種之助”の提言により、当時としては世界でも稀な大規模造林事業が行われました。

1691年(元禄4年)

住友家の別子銅山開坑、銅山備林経営を開始(創業)。

1894年(明治27年)

別子鉱業所支配人 伊庭貞剛、「国土報恩」の精神に基づき、「大造林計画」を樹立。

1898年(明治31年)

別子鉱業所に山林課を設置。別子林業の第一歩。

1909年(明治42年)

住友総本店設立により住友家の山林事業は同店に継承。

1917年(大正6年)

総本店直轄の大林業経営に着手。

1919年(大正8年)

林業課を設置。

1921年(大正10年)

住友合資会社の設立により同社林業所となる。

1937年(昭和12年)

株式会社住友本社の設立、山林事業は同社が継承。

1942年(昭和17年)

南方資源開発のため、スマトラ、ボルネオ、ジャワで林業経営。

1948年(昭和23年)

財閥解体で住友の林業部門は6社体制となる(創立)。
その後2回の合併を経て、東邦農林、四国林業の2社となる。

1955年(昭和30年)

東邦農林、四国林業が合併。住友林業株式会社となる。
全国的な国内材集荷販売体制を確立。

1956年(昭和31年)

外材輸入事業に着手。

1962年(昭和37年)

新建材の取り扱いに着手。

1964年(昭和39年)

分譲住宅事業に進出。

1970年(昭和45年)

・インドネシアに合弁企業「クタイ・ティンバー・インドネシア社」を設立、合板を中心とした建材事業が本格化。
・大阪証券取引所に株式を上場。

1972年(昭和47年)

緑化事業を開始。

1973年(昭和48年)

スミリン農産工業(株)を設立。

1974年(昭和49年)

インドネシアの合弁企業「クタイ・ティンバー・インドネシア社」により現地合板工場を建設。

1975年(昭和50年)

・本格注文住宅建築へ事業拡大。
・大阪殖林(株)を買収し、山林事業を拡大。

1977年(昭和52年)

スミリン緑化(株)を設立[現・住友林業緑化(株)]。

1980年(昭和55年)

・スミリン住宅流通(株)を設立[現・住友林業ホームサービス(株)]。
・不動産仲介事業に参入。

1985年(昭和60年)

スミリン建設(株)[現・住友林業ホームエンジニアリング(株)]を設立。

1986年(昭和61年)

・情報システム室を設置。
・ニュージーランド合弁会社「ネルソン・パイン・インダストリーズ社」によるMDF製造工場を本格稼働。

1987年(昭和62年)

住友林業ホーム(株)と大阪殖林(株)を吸収合併。

1988年(昭和63年)

・木質住宅部材製造会社スミリンホルツ(株)を設立[現・住友林業クレスト(株)]。
・住友林業建築技術専門校を開校。
・スミリンメンテナンス(株)を設立[現・住友林業ホームテック(株)]。

1990年(平成 2年)

・東京証券取引所第一部に株式を上場。
・インドネシアにパーティクルボード製造合弁会社「リンバ・パーティクル・インドネシア社」を設立。

1991年(平成 3年)

・特建本部を設置、戸建住宅以外の建築を行う特建事業を拡大。
・筑波研究所を設立、研究開発部門を充実。
・インドネシアで熱帯林再生プロジェクトを開始。

1993年(平成 5年)

・住友林業フォレストサービス(株)を設立、国産材の供給体制を一元化。
・大造林計画100周年記念 住友の森エコシステム「記念広場」と「フォレスターハウス」を開設。

1994年(平成 6年)

・建設省[現・国土交通省] 認定の新世代木造住宅供給システム「イノスグループ」を組織化。
・新宿グリーンタワービルに東京本社を移転。

1996年(平成 8年)

インドネシアにスピーカーボックス製造合弁会社「ASTインドネシア社」を設立。

1997年(平成 9年)

・戸建注文住宅の設計・施工で住宅業界初のISO14001を認証取得。
・富士山の台風被害地の自然林復元をめざした「まなびの森」社会貢献プロジェクトに着手。

1998年(平成10年)

・創立50周年を迎える。
・筑波研究所でフタバガキ科樹木の組織培養による大量増殖法を確立。

2000年(平成12年)

・筑波研究所で環境ホルモン・ビスフェノールAの高能力分解菌を発見。
・構造用木材の高温乾燥システムを独自開発し、提供を開始。

2001年(平成13年)

・住友林業クレックス(株)、スミリンホルツ(株)、スミリン合板工業(株)、富士不燃建材工業(株)が合併。住友林業クレスト(株)となる。
・全社全部門でISO14001認証取得完了。

2002年(平成14年)

「住友林業の家」60年間のアフターサポート(ロングサポートシステム)を開始。

2003年(平成15年)

アメリカ・シアトルにおいて分譲住宅の販売を開始。

2004年(平成16年)

・中国の住宅施工会社に資本参加、中国住宅事業参入。
・丸の内トラストタワーN館へ本社移転(大阪から東京への本店移転)

2005年(平成17年)

国内初ビッグフレーム構法(木質梁勝ちラーメン構造)を開発。

2006年(平成18年)

・安宅建材株式会社と合併。
・韓国において戸建注文住宅事業に進出。

2007年(平成19年)

長期経営計画「PROJECT SPEED」策定。

2008年(平成20年)

・「人工衛星を活用した森林管理事業モデル」の提案がJAXAの宇宙オープンラボに採択。
・日本国内でバイオマス発電事業に進出。
・クタイ・ティンバー・インドネシア(KTI)社がFSC-FM認証を取得。
・木材部・建材部(木材建材事業本部)がPEFCのCoC認証を取得。
・オーストラリアに合弁会社Henley SFC Housing社を設立し住宅事業に進出。

2009年(平成21年)

・「プロジェクトEARTH」がスタート。
・インドネシアに木質内装材の製造・販売を行うPT.シナール・リンバ・パシフィック(SRP)社設立。

2010年(平成22年)

ベトナムにパーティクルボード製造会社ヴィナ・エコ・ボード(VECO)社設立。

2011年(平成23年)

・米国 キャビネット製造・販売会社 キャニオンクリーク社の買収
・川崎バイオマス発電所 営業運転開始について

2012年(平成24年)

・宮城県東松島市と復興まちづくりに関する協定締結
・宮崎県日向市 東郷樹木育種センターにおいて環境制御型の苗木生産施設を開設

2013年(平成25年)

・北海道紋別市でバイオマス発電事業を開始
・米国テキサス州住宅事業会社 ブルームフィールド社の持分取得
・住友林業ホームテック「耐震・制振ダブル工法」を提案

2014年(平成26年)

・青森県八戸市でのバイオマス発電事業会社へ出資
・北海道苫小牧市での木質バイオマス発電事業会社へ出資
・「邸宅設計プロジェクト」本格始動
・米国テキサス州住宅事業会社 ギーエンホームズ社の持分取得

企業・IR・CSR情報