サービス(樹、緑、森、エネルギー)

名木の利活用

住友林業グループ独自のクローン技術により育成された後継樹は、次のように利活用できます。
◎名木を中心として庭園、山林及び木造建設物の整備や適正管理などを行うことにより、観光資源としての価値を向上させます。
◎名木の苗を商品として販売するとともに、公共・大型開発での目玉として活用することにより、開発案件のシンボルができます。
◎集客効果を高めるとともに、ブランドイメージを向上させるためのプレス発表・植樹祭・村おこしなどのイベントを行います。
住友林業グループは、こうした名木の利活用全般のご相談をお受けしております。

いけばなインターナショナルでの展示
いけばなインターナショナルでの展示
全国椿サミットでの展示
全国椿サミットでの展示
長興山しだれ桜の植樹式
長興山しだれ桜の植樹式