サービス(樹、緑、森、エネルギー)

エコロジカル・ネットワーク

2013年度版環境白書では、“緑”の多さが、“生活の豊かさ”の指標として、紹介されました。
豊かな自然は、広域的な生きものの行き来を可能にするとともに、身近な日常での生きものとの出会いも、また、豊かな生活につながると、わたしたちは考えます。
わたしたちは、“緑”の拠点を、生物多様性に配慮した配置とすることで、特に、飛翔性の生きものが、飛び石状の中継地として緑地を利用する結果、広域的に豊かな生態系が維持される“エコロジカルネットワーク”の構築を、積極的に進めています。

三井住友海上駿河台ビルのエコロジカルネットワーク図
三井住友海上駿河台ビルのエコロジカルネットワーク図
データ提供:エコアセットコンソーシアム
エコアセットコンソーシアム:住友林業、住友林業緑化、インターリスク総研、
 地域環境計画の4社からなる、コンサルタントチーム
生物多様性に配慮した再開発“三井住友海上駿河台ビル”
生物多様性に配慮した再開発
“三井住友海上駿河台ビル”